自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク切れなどを修正しました。

いまどき、ブログにリンク集ってのもあんまり見なくなりましたね。あれ、ホームページ全盛時代の名残だったんだろうなー。今、お世話になってる団体さんや、スタッフさん、監督さん、演出家さん、作家さん、俳優さん、全部リンク張るとお蔭様ですごい数になって見づらくなっちゃうので、特に追加してないんです。せめて出演履歴は真面目に書いてる。

今朝方、ひとつオファーをお断りしまして、「わかりました。来年またよろしくね」って温かいお返事をいただいて、嬉しかったと同時に、そうなんですよねこの時期ってそろそろ来年の話が始まるんですよね。そしてやっぱりありがとうございます。単純にスケジュールの問題だったので、来年はご一緒したいです。

今年は映像やりたいなーとか朗読やりたいなーとかどエンタメやりたいなーとか、そういうこっそり強く願ってたことが全部叶いそうでとても嬉しいです。全部ってどういうことなの。全出演作ご覧いただいても飽きず楽しめるラインナップに仕上げてるつもりなのでどうか楽しみにお待ちいただけますと幸いです。一部、もうすぐ情報公開いたします。

あと、まだ観てないんですけど今週のおすすめ舞台はこちらです。たまに熱に浮かされたように言い出す「私まだ観てないけど面白いに決まってるから是非観て」シリーズ。

小西耕一一人芝居「蜜月の獣」

十七戦地「眠る羊」

小西耕一一人芝居は予約しました。十七戦地はオーディションの日程次第で決めるけど絶対観に行く。

今すっごく続きが気になってる漫画は、大今良時「聲の形」。聴覚障害者の女の子と、彼女を苛めたことで人生が歪む男の子の話。いじめっ子の視点からスタートして「いじめ・その後」に焦点を当ててるのが新鮮でヒリヒリします。1巻はとにかく泣いた。2巻は本編の助走という感じなので、3巻が待ち遠しいです。あと、明日、ヤマシタトモコの新シリーズ1巻「俺物語!!」最新刊が出るのですごーく楽しみです。相変わらず漫画たくさん読んでます。

落語の新しいネタもちょっとずつ練っています。悪人が出てきて、人外が出てきて、子どもからお年寄りまで楽しめるやつをひとつ作りたい。今までのは、完全に20代~60代・関東在住がターゲットでしたので。それはそれで大事にしていきますけど。あと、相変わらず新潟弁でやりますけど。

そうそう、去年まではいただいたお話だけでいっぱいいっぱいだったんですけど(贅沢者)、今年はちょっとずつオーディションも受けてるのです。オーディション好きです。

また書きます。
スポンサーサイト

姉が結婚を決めた相手は、かつて妹を強姦した男だった。それを聞いた妹は、東京に出てから初めて故郷に足を踏み入れるが…。

公式ページ

* * * * * * * * *

elePHANTMoonの公演を観るのは三回目なのですが、一番、というか、飛び抜けて好きです。ファンになりました。

前に観た作品はどちらも題材は好きだけど表現が私にとっては露悪的というか、舞台という生のパフォーマンスで、しかも客席の近い小劇場で、そこまでどぎついことをしなくても…と思ってしまったのですが、今回はそういうものが抑えめで、そのぶん言葉のやりとり、気持ちのやりとりが、しんどくなるくらい伝わってきて、これだよ!!と。

何しろ脚本が面白いです。強姦事件を軸に据えてはいるけど、それ以上に深い業を背負った登場人物ばかりで、そんな人たちが自己中心的に行動するからさっぱり展開が読めなくてスリリング。でも適度に笑いもあって見やすいです。笑いもギャグではなく、一貫して人物の業を描いてるのがシリアスに振れたり笑いに振れたりしてるだけ、という作りなので、笑いながらふと怖くなっちゃったり、息を呑んで観てる最中に突然吹き出しちゃったり。ああ、こういうの好き。

役者さんも皆さん素晴らしかったんですけど、特に、姉妹の幼なじみの水道屋を演じた寺井義貴さんが良かったです。次に何するかほんとに読めないの。あと、姉役の山田佳奈さん、もっさりとして可愛くて重たくて優しくて素敵で凡庸で憎たらしくて可哀想で、何しろ素晴らしかった。ひとつの作品であんなたくさんの色見せられるなんて。

セットもよかったなあ。映画のセットほどリアルに作り込まれた姉妹の実家の居間と濡れ縁と小さな庭、たったそれだけのスペースで物語は展開していきます。ところが、姉にとっては生活の場ですが妹にとっては久しぶりの実家、姉の友人である居候や姉妹の親戚女性や幼なじみの水道屋や、同じ場所なのに登場人物のそれぞれに違う意味を持つ場所で、だからそのリアルさ平凡さが物語が進むにつれて気味悪く感じられて面白かったです。化け物は日常に潜むんだよね。

そんなわけでぜひ観て欲しい舞台です。なるべくネタバレしないように書いてみました。水曜まで、駒場アゴラ劇場にて。

公式ページ

公式ページにはキャストのインタビュー動画もありますので観劇のご参考に。こういうのいいですよね、やっぱりどんな人が出てるか観られるって大事だと思う。

観てきました。
面白かった!!

脚本を読んだ印象、稽古での印象では、なかなかゴツっと男くさい手ごたえのコメディだったのですが、本番は愉快さはそのままにとっても口当たりの柔らかい、どっしりとしたお芝居に仕上がってました。カツカレーだと思ってたらビーフシチューだった、みたいな。

会社の同期で18年の腐れ縁なアラフォー男4人、婚活パーティーで惨敗のち、おしゃれカフェでくだを巻く。惨敗したのに不機嫌そうなのに「帰る」と言い出すこともなくダベり続けるオトコノコーな仲の良さと、大人の男らしい洒落たじゃれあい。たまに気まずくなったときの修復方法もまたオトコノコーであり、大人の男であり。さらっと演じると60分切るであろう脚本ですが、「間」をとても大切に扱うことで、70分弱、見ごたえありつつももたれないちょうどよいサイズ感に仕上がってます。

まーそして、俳優さんがみんな美声なものだから、動かずたらーっとだべってるシーンとかもむちゃくちゃ気持ち良いのですよね。みなさん演劇発声ではなくほんとに普段しゃべってるような感じで、でもちゃんと聞こえるし実はテクニックも使ってるし、すごいわ。特に岡見さんはすごかったなー。みーちゃんこと菊池美里が観に来てて(自分とこの千秋楽翌日だってのに!)、二人でしばらく語り合いましたよ、岡見さんの小声突っ込みのキレ味の鋭さについて。

あと、この日はボクキエダモノ「女教師と団地妻」のキャスト観劇率がハンパなかった!

女教師と団地妻と婚活オトコの図。ここには写ってませんが、「女教師と団地妻」で制作をつとめてくださった女優さんもいらしてましたからね!なんで写ってないかっていうと、この写真を撮ってくださってたからですけどね!恐るべき制作魂。いい女優なのに。


で、作・演出のつついきえちゃんと、主宰・主演の長谷川恵一郎さんと。

長谷川さん素晴らしかったです。ベテランだし上手いのに全く楽をしてない。一番しんどいやり方を自ら選んでらっしゃる。そして何より、お客様に愛される才能がハンパないです。また今度、お芝居の話とかしたいなーと思いました。

あ、ねもつの写真を撮り忘れた。可愛すぎて写真撮ろうとかそういう発想になれずただただガン見していた。可愛かった。エビス駅前バー常連のお客様もいらしてて、ねもつの伝説についておしゃべりしましたよ。

帰り道、「女教師と団地妻」メンバーで駅に向かおうとしてたら、他のお客様がたに「団地のみなさん、さようなら!」って言われたのが昨夜のハイライトでした。

長谷川恵一郎プロデュース「或る夜の出来事」、渋谷駅から徒歩5分のギャラリー・ルデコにて、日曜まで。
おすすめです。

公式サイト

今日から始まるお芝居です。渋谷です。


今日からなのに早速おすすめするとはどういうことか、と言いますと、稽古見学行ってきてめちゃくちゃ面白かったのもありますが、稽古見学する前から面白いのはわかってたのですが、それ以外にも色々あるのですが、

順を追って書いたらすごい長くなったので、キャスト紹介は「追記」に入れます…。


まず、何しろ、作・演出がつついきえ!ボクキエダモノ「女教師と団地妻」の作・演出、つついきえ!オリジナリティでは類を見ない、とにかく人生が面白いから書くものもやたら面白い、私の大好きなきえちゃんが、

四人の可愛いおじさんが婚活パーティーで玉砕、そして、の話

を書くっていうんだから、もうこれは面白いに決まってるわけです。

脚本読みました。面白かったです。
稽古行きました。さらに面白かったです。

だって、可愛いおじさん役のみなさんがほんとにめちゃくちゃ可愛い。ヒロインが輪をかけて可愛い。詳しくは追記で。


で、企画もいいんですよ。

☆渋谷駅から徒歩5分
☆平日夜・19時半~1時間のコンパクトな上演時間(平日昼・土日もやってます)

ぱっと行けて、終わってからごはん食べたりお酒飲んだりもできる素敵タイムテーブルですよ。おまけに、

☆くすくす笑える
☆しんみりできる
☆ちょっとロマンティックなコメディ

お芝居好きでもお芝居あまり観ない方でも楽しめます。第一、

☆おじさんたちが可愛い
☆ヒロインがさらに可愛い
☆そのおかげでおじさんたちがさらに可愛い

ですからね。

というわけでおすすめです。

公演詳細はこちら!

可愛さの詳細は追記へ!
まず岡見文克さん。
okami.jpg
エビス駅前バー「ライ・トゥ・ミー」「捨てる。」と2連続共演させていただきました。低くてよく響く声と愛嬌たっぷりの表情が魅力で、エビスメンバーでよく「岡見さんは可愛いからズルイ」と話題になる脅威のキューティー40代。今回、超しぶいです。いつも思うんですけど、岡見さんが登場すると、場の空気がさっと変わるんですよね。

それから浜野隆之さん。
hamano.jpg
コメディ・シリアス・翻訳劇、なんでもこなす俳優さん。そこはかとなく知的な空気が漂うのを却って茶化されることが多くて、MU無い光/変な穴」では、「ブラック村上春樹的変態どM」を楽しそうに演じておられました。ちなみにこの公演は3本立て、私は同じ作品の男女逆転バージョンで、浜野さんと同じ役を演じましたが、「卑屈&無自覚女王様」という真逆キャラでした。嬉しかったし楽しかったなー。今回はいつになく軽妙でちょっとワルくて、普段表に出さないおじさん感も出てて(浜野さんは普通にしてるとものすごく若いのです)、素敵です。

そんで山森信太郎さん。
yamamori.png
とにかく大きい。声も身体も存在感も大きく、重く、強い。古き良きシェイクスピア俳優みたいです。小劇場にこういう人いるんだ~、と衝撃を受けました。劇団チョコレートケーキ一九一一年」で演じてらした大正時代の貴族がもうハマりまくってて。ちなみに初めて拝見したのはミナモザ二人芝居「指」で、このときの相手役がつついきえちゃん、もうね、バケモノすぎた。そんなバケモノ級の俳優さんが、たぶん今回、史上初めてくらいちょこまかした小物を演じますよ。ちょこまかしてても規格外に大きいとこがまた良い。

主宰で主演の長谷川恵一郎さん。
hasegawa.gif
長谷川さんは唯一、今回ほぼ初めてお話する方なんですけど、何かとご縁がつながっているのであまり初めまして感がなく、つつい作品における主演の立場について熱く語り合っちゃいました。ありがとうございます。お芝居が上手いのは勿論のことですが、ものっそい動きにキレがあって、今回も序盤で長谷川さんが繰り出すキレッキレアクションに呼吸困難になるほど笑いました。あと、おじさまチーム皆さんに言えることではありますが、笑顔がむちゃくちゃ可愛いです。劇場でその可愛さを堪能してほしいので、敢えてクールな写真を探してきてみた!純情・口下手な主人公です。

ヒロインはねもつこと根本沙織ちゃん。
nemoto.jpg
ねもつは可愛い。とにかく可愛い。エビス駅前バーで伝説的ヒロインを演じておられまして、もうね、どの作品のときでも必ずお客様の口からねもつの名前が出るのです。「可愛かったなあ、また観たいなあ」って。可愛いだけじゃなくて、不思議な実在感があるんですよ。ああ、きっと世界のどこかにこの女の子はほんとにいるんだな、その子が今、ねもつの身体を借りて劇場に現れてるんだな、いつか本人に会いたいな、って思わせてくれる。今回もその能力が爆発してますよ。ちょっと他にいないヒロイン像です。


追記を閉じる▲

おかげさまで、午後から雨になるでしょう#4「カナタの石」、無事終演いたしました。

IMG_5034.jpg
(打ち上げにて、カフェの看板娘・ナナミちゃんと!そう言えばすごーく久々に前髪を短くしたのです。あっ、クリックで大きくなりますので見てみてください!)

独特な作品だと思います。コメディでもない、悲劇でもない、リアリズム?ウェルメイド?どれでもない。自分たちでは好きで信じて作っていても、だからこそ、初日が明けるまで、お客様の目の前に出るまで不安でした。もちろん、気に入ってくださったお客様もそうでないお客様もいらしたのですけど、でも、毎回、本当に毎ステージ、とても圧のあるあたたかい拍手を頂けて(よい拍手すぎて、キャストの一人が聞き入っちゃって出トチしたくらい!)、なんと幸せな場所に立たせていただいているんだろうと、もう、それはもう、感謝の気持ちでいっぱいになって過ごしておりました。

観に来てくださったお客様、先輩がた、お友達、お世話になっている皆様、本当にありがとうございました。差し入れやお手紙もいつも以上にたくさん、しかも、あったかいものばかり。沁みました。アンケートも一枚一枚、大事に読ませていただきました。ご声援くださった皆様、ありがとうございました。ブログを読んでくださったり、「行けないけどがんばって!」のメール、TwitterでのRTやFacebookの「いいね!」もすごくたくさんいただきました。そして、追い込みで一番しんどい時期に、お弁当や夜食を作ってくれた家族に感謝。大量の洗濯物ごめんなさい。夜中までごそごそ起きててごめんなさい。

不思議な座組でした。ほとんどのメンバーが初対面なのに、ものすごーくバランスがとれていて。6人のキャストの、素の性格のバランスが絶妙で、稽古もですが、楽屋にいる時間が楽しくてたまらなかった!打ち上げでもキャスト同志で「楽しかったね!」と言い合い続けました。そんなごっちゃになってじゃれてるような6人を優しく時に厳しく支え見守り続けてくださった、作・吉永亜矢さん、演出・大澤遊さん、スタッフの皆さん、驚くほどたくさんお手伝いに来てくださったゴゴアメ仲間のみんな、お一人お一人お名前を挙げたいけど順番をつけたくないので挙げませんが、本当に、本当に感謝申しあげます。「この座組だからがんばれた」はもちろん、それ以上に、お一人お一人に対して、「他でもないあなたがいたからがんばれました」と言いたいひとたちです。

打ち上げが終わって明け方に布団にもぐりこみ眠って目が覚めたときには、作中の台詞みたいに「ストーンと穴に落ちた気分」でした。ほとんど、「失恋のショックで立ち直れない」状態に近かったくらい。失恋したなあ。もう、会えないもんね、どのキャラクターにも。

で、「失恋の特効薬は新しい恋」、実感しました。同日、次回作の稽古に入りまして、シャキッと立ち直りました!福島言葉に初挑戦!ミナモザの瀬戸山美咲さんとハイリンドの伊原農さんと、福島県浪江町出身の幼なじみ3人組を演じます。詳しくはこちら!↓
http://shimokita-voice.tumblr.com/

稽古レポートなど、また明日にでもアップしますね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。