自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスマティライスというインドのお米をもらったので、レシピを検索して「手間がかかるけど美味しい」と書かれていたビリヤニ(カレーピラフ?炊き込みごはん)を作ったら、簡単だしトータル時間は日本式カレーより短いし美味しかったのでメモ。

<材料>(2人分)
バスマティライス 100g
たまねぎ 中1個
トマト 中1個
じゃがいも 中1個
鶏肉 100~150g
※米と他の具が全部同じくらいずつ、みたいなイメージで好みで増減でOK

<調味料>
ヨーグルト(無糖) カレースプーン山盛り2~3杯くらい?適当
しょうが 好きなだけ
にんにく 好きなだけ
鷹の爪 1/2(ラー油や粉唐辛子でも大丈夫です)
固形ブイヨン 1/2個
ガラムマサラ ティースプーン山盛り2~3杯
コリアンダー ティースプーン山盛り1杯
クミンシード ティースプーン山盛り1杯
黒こしょう 適当
塩 適当
その他好きなスパイス 適当

<作り方>
バスマティライスはよく洗い、30分~2時間くらい水につけておく。

1. たまねぎは粗みじん、トマトはさいの目、じゃがいもと肉は小さめ一口サイズに切る。
2. たまねぎを、たまねぎの1/3くらいの油(分量外)で炒める。
3. たまねぎが茶色っぽくなったら、トマトを入れて油が分離するまで炒める。
4. 米以外の全部を入れて油が分離するまで炒める。塩加減は普通の炒め物よりやや薄味くらい(バスマティライスも塩を入れて炊くため)。スパイス加減はカレー味のおかずを作る感覚でOK。入れすぎてもたぶん問題ないです。
5. 水(分量外)をコップ半分くらい入れて10~15分くらい煮る。

6. その間にバスマティライスをゆでる。パスタをゆでるくらいの水と、パスタをゆでる半分くらいの塩を入れて、沸騰してから吹きこぼれない程度の火加減で8分。食べてみて芯が残るくらいで火を止め、お湯を捨てて軽く水気を切る(ざるに開ければOK)。

7. バスマティライスをゆでた鍋に、下から米、カレー、米、カレー、米、と重ねる。ビッグマックのバンズ=米、パティ=カレー、みたいな構造です。
8. ふたをして米に火が通るまで弱火(7分くらい)。途中でふた開けて米に火が通ってるか食べてみても大丈夫です。
9. 軽く混ぜ合わせて盛りつける。

簡単に言うと、

①たまねぎ→トマト→その他の具と調味料の順で炒め煮
②米をゆでる
①と②を合わせて煮る

です。米の火加減だけ不安だったけど、ゆでるときもカレーと合わせて煮るときも味見できるから、最終的に火が通ってればOKだし、大きな失敗はしなさそう。感覚としてはパスタ作るのに似てます。

バスマティライスを水につけておく時間を除くと、トータル40分くらいです。夏バテに良いですよー、おすすめ。
スポンサーサイト

ぶりの照り焼きは、

なめてみて薄いなーくらいの塩分濃度の漬け汁(酒、醤油、みりん、おろししょうが、水)に2、3日漬けておき、フライパンで弱火で片面を焼き、ひっくり返してふたをして超弱火、火が通ったら漬け汁を適度にかけて強めの中火で煮詰める。と、

びっくりするほど柔らかジューシー美味いぶりの照り焼きになることがわかりました。欠点は、買ったその日に食べられないことー。

っていうメモ。前に確か、すごく早くできる作り方も書いたので、今度作る時はどっちかを参考にしようと思います。

あと今日は、こないだお弁当屋さんで見かけた「山芋とエリンギの甘辛炒めわさび和え」を作りました。買ってないので似た仕上がりになったかわからないですけどおいしかったです。短冊に切ったのをごま油で炒めて、酒醤油みりん振って水気を飛ばしながら炒め切り、少し冷ましてから少量の水で溶いたわさびで和える。水気止めにおかか振り入れてまぜる。山芋とエリンギ、合います。あのお弁当屋さん、やるな!また見学に行こう。

クリーム煮には味噌、トマト煮にはナンプラーを隠し味に、が最近の私の中でのはやりです。コクが出てごはんとの相性も上がります。洋食っても、主食はパンじゃなくてごはんなんです、うち。

①材料を少な目のブイヨンで煮る。
②クリームorトマト缶入れて少し煮詰める。
③味噌orナンプラーを入れ、煮詰める。この時点でやや塩味薄めかな、くらいの濃さ。
④塩こしょうで味をととのえる。

以上です。隠し味といいつつ、多めに入れても味噌っぽくorナンプラーっぽくならないのでテキトーに作れるのもポイント。ちなみにどっちもインターネットからの情報です。ビバ、インターネット!

冬はやっぱり煮込みですよね。お試しあれ!

昨日、

・ぶりの切り身を醤油と酒に5分くらい漬ける(ぶりが半分漬かるくらい)
・生姜のうす切りを少量の油で炒める
・ぶり投入、強めの中火で片面を焼きながら漬け汁を半分かけ回す
・ぶりをひっくりかえし、残りの漬け汁をかけ回す
・ふたをして弱火で火を通す

っていう、手抜きというより別の料理の作り方で作ったら、今までで一番美味しくできたので、メモ。

超簡単、原価めちゃ安、日持ちする、健康的、ごはんにもお酒にも合う、
絶 対 に 失 敗 し な い !、
をモットーにご紹介する、手抜きレシピシリーズ第二十二弾です。

日持ちはしないかな。

* * * * * * * * * * * * * * * 

「チヂミっぽいもの」
<材料>(2枚分)
・ニラ 1束
・干しエビ カレースプーン大盛り1杯
・薄力粉 カレースプーン大盛り2杯
・片栗粉 カレースプーン大盛り1杯
・ゴマ油 ティースプーン1杯
・水 適当

1.薄力粉・片栗粉・ゴマ油・水を混ぜる。ダマになっても気にしない。
 「え?これシャビシャビすぎてまとまらなくない?」くらいで大丈夫。
 目安としてはもんじゃ焼きくらい。

2.みじん切りに刻んだニラと干しエビを1に入れて混ぜる。
 「えっと、主にニラですね」って状態になります。
 ここで、「意外と水少なかったな…」ってなったら水を足してもOK。

3.フライパンにゴマ油(分量外)をやや強火で熱して2を半量流し込む。
 ニラのみじん切りがフライパンの上で小山になって「わあ、チヂミって
 いうか、やっぱニラですね」ってなるので、箸かなんかでならします。
 可能な限り薄くならします。生地は勝手に一緒に伸びます。

4.3分くらいして香ばしいニオイがしてきたらフライ返しで裏返す。

5.3分くらいしたらできあがり。酢醤油をべしゃっとつけて食べます。

* * * * * * * * * * * * * * * 

チヂミというにはあまりにニラなのです。でも美味。
レバニラとかで余ったニラを一気に消費できます。

生地は、薄力粉:片栗粉=2:1になってればダマダマでも
シャビシャビでも全然平気。

干しエビのほか、しらすやかつおぶしなど、海のものならなんでも
合うと思います。塩気があるものがいいです。

火は強めのほうがカリっと焼けます。意外と焦げにくいです。


おすすめ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。