自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやー、暑いですね!皆さん、日焼け対策はばっちりですか?私は焼けまくってます・・・(涙)



スポンサーサイト
売れない役者とピアニストの幽霊の交流をコミカルに描くこの作品、何しろ外ロケが多い!!20年ぶりくらいに背中が小麦色、どころかちょっと焦げたトーストぎみです。大学構内のゲリラロケ、上野公園・アメ横を裸足で駆け抜け、墓場・川辺で寝転がり。まだこれから高尾山ロケと海ロケもあるというのに!!いうのにー!!

しかしその甲斐あっていい映画になりそうです。外ロケの風景の美しさもさることながら、室内での芝居のぶつかりあいが素晴らしいです。主演の古賀忍さんは本当にいい役者です。

背中を公開するのはあまりにあまりなので、クランクイン当日のアメ横の風景を。ショッピングを楽しむ皆様に紛れて、裸足で撮影して参りました。幽霊役だけに、人にぶつからないように且つ店のおっちゃんに声かけられないようにするのが大変でした。えへ。


追記を閉じる▲

【2005/08/16 21:11】 | 撮影日記(映画)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。