自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ、というか、最近あったことというか。やっぱり今日書きたくて。

先日、初めて広島で被曝された語り部(と呼ばれるそうです)の方のお話を伺って、その経験がどんなに良かったかをずっと書こうとしているんですがなかなか書けません。どう表現したらいいかわからない。「こんなふうに良かった」と書いては「何か違う、軽くて薄い」と思って消しての繰り返しです。うまく言えない、すみません。とにかく語り部の皆さんがお元気なうちにもっとたくさんの人に聞いて欲しいと思います。

記録写真も創作物も敵わないと感じました。そんなこと役者が軽々しく言うものではないと思いましたが、やっぱりどうしても経験者の肉声に勝るものはないというか、驚くほど自分ごととして身体にしみたのです。

企業や自治体、学校で積極的に語り部さんの話を聴く会を開催してほしいと思いました。もうきっとそんなに長く聴けるものじゃない。もし聴く機会があったらぜひ行ってみてください。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。