自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の問題
公式サイト

ちゃんと感想書こうと思ってるうちに千秋楽。仕方ないので当日つぶやいたツイートを転載します。

「日本の問題」Aチームを観ました。なんだかんだでボストパフォーマンストークが一番面白かったんだけど、それは作品が面白かったからかもしれず。

経済とH、途中から面白い方向へ行きかけたと思ったらまた戻っちゃって残念でした。俳優さんの身体がキレキレで、女優さんが華やかで、目には楽しいところは多々ありました。

Mrs.fictions、初めて観たけどめっちゃ面白かった!岡野さんの黙っている横顔が鮮烈で、今村さんの所在なく動き続ける口元が切なく、山口オンさんの実在感。山口さんと全然キャラクター違うので敢えて言っちゃいますけど、あのシスター役やりたい。

DULL-COLORED POP、大勢いるとやっぱり誰が何故目立つのかを見てしまって、日本の問題どころではなく、これは私の問題ですが。ただただ勉強してしまいました。浅倉洋介さんと塚越健一さんがビカビカしてた。あと演出家自身が粋でいなせだという利点。

風琴工房、22分間の授業を聴くうちに背筋が伸びて自分も生徒の気持ちに。目を楽しませる演出が楽しかったのだけど、言葉だけをじっと聴きたいような気もしました。

「日本の問題」Bチーム観てきました!芝居もトークもすごくよかったです。中村うさぎさん素晴らしかった。

ミナモザ、これやっぱりミナモザ最高傑作です!「ホットパーティクル」のラストシーンできっちょむが怒り、怯え、許し、祈った先にちゃんと続いてる。あれだけシビアでしんどいのに笑わせるところも見事。

アロッタファジャイナ、苦手な部類のお芝居なんだけどなんかだいじょうぶだったのです。それは、議員役の俳優さんの演説術もあるけど、きっと、松枝さんが心底信じて書いてるからだと思う。一人年配の俳優さんを入れたのもよかった。

ろりえ、ひどい、ずるい、むちゃくちゃ面白い!主演俳優のポテンシャルを最大限引き出す一方で美人女優の無駄遣い、素敵すぎです。日本の問題かっていうと、ちょっとアレですけど、この順番でろりえが入っててありがたくもあり。

JACROW、今まで観た中で一番好きです。いっぱい詰まってた。韮崎さんの低音にぞくぞく来た。でも、震災がエクスキューズになってるかもと感じました。震災を設定から外したのを観たい。

観に行ってよかったイベントでした。

今月後半には学生演劇バージョンも上演されるそうで、かなり興味津々です。席数が小劇場版よりだいぶ少ない会場だから、早めに予約しなくちゃ。

あと、Mrs.fictions出たいな!中嶋康太さんの作品、初めて拝見しましたが、ど一際私の心に刺さりました。よし、今後の目標だ。がんばる!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。