自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像ワークショップ終了しました。

四日間、挑戦の日々でしたが、挑戦の仕方を意外と自分が知ってるってことが収穫でした。監督から頂いた言葉も「ハマり役がいっこもない中、健闘したよね」と。よく見てらっしゃる…。あと、「お母さん役似合うよ」とサジェスチョン頂きました。お母さん役なんて四日間でちらりともやってないのに、一人一人の個性を見て探してくださって、監督ってほんとすごいなあ。というわけでお母さん役のオファーお待ちしております(#^.^#)

それとやっぱり、面白い俳優さん女優さんにたくさん出会えたのが色々な意味で財産です。いい人いっぱいいる。ほんといっぱいいる。打ちのめされるけど楽しいな。あ、これ、前回も書いたな(笑)あとね、自分が素敵だなと思ったプレーヤーの方に演技を褒めてもらったり、「次の舞台行きます」って言ってもらうのは、また監督に褒めて頂くのとは違う嬉しさでした。

実は今回、先日の舞台をご覧頂いたプロデューサーさんから情報をいただいての参加したのです。だからプロデューサーさんにだけはがっかりされたくないという、いつも好き放題やってる外山には珍しいプレッシャーもあったりしましたが、喜んでいただけたみたいで、「次の舞台も行くよ」と言っていただけて、よかった。

にしても、すっごい長かった…あっという間だろうと思ったのに、とんでもない。もうね、一ヶ月くらいやってた感じです。それくらい、得るものがたくさんありました。

特に、個性の強い人・面白い人をどうやって生かすかってことばっかり考えて過ごせたのがよかったです。これはきっと次の舞台で花咲くぞ。何しろ濃いメンツです。ワークショップも面白い人上手い人いっぱいいたけど、だからこそ、エビスメンバーの濃さハンパないぞと改めて。そんで私は、濃い人たちを生かす側に回りたい。その糸口は掴んだ気がするのです。

あー、早くエビス駅前バーの座組のみんなに会いたいな!いよいよ稽古スタートなのです!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。