自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

o0640048012196995697.jpg

写真をね、楽しみにしてくださってた方々にはほんと申し訳ないのですが…
どうにも撮る余裕がない。ないのです、時間的にも精神的にもっていうか主に時間的に!

ので、伊丹さんのブログから写真を拝借。
特に楽しみにされてそうなお三方をいっしょくたっていう本当にひどいアレですがお許しください。

* * *

一番左、山崎雅志さん。あだ名はザッキーとかザキヤマとか。
私は「ザッキーさん」て呼んだり、役名で呼んだり。
今回、もう一人の相手役といってもいいポジションです。めっちゃお世話になってます。

「役者の仕事は、なんでもできることだ」って言葉があるんだそうですが、これザッキーさんのことだと思います。

今回、売れっ子マジシャンの役なわけですが、タイトスケジュールでの稽古の中、休憩時間もひたすらマジックの稽古。もはやトランプさばきもバニッシュもお手のもの、ほんとにマジシャンになってしまいました。本番期間中もちょいちょいマジックを仕込んできては、楽屋でみんなに見せてくれます。それを苦行みたいにやるんじゃなく、楽しんで身につけていく姿が、ああ、この人、役者だなあと思います。意地があって張りもある。スタイリッシュに見えて実は昔ながらの古き良き「役者」だなあと思います。

個人作業だけでなく、ほかの俳優や演出家とディスカッションしながら芝居を作り上げていくことをとても重視されています。(あ、でもこれはザッキーさんに限らず、今回の現場は全員そうです。と、いうことに気づくのに時間がかかってしまったなあ。結構稀有なことなんですよ、それって。)センターに立つ華がありながら、ほかのキャストの意図を汲んだ上で相手と芝居全体を引き立てるのが本当に上手いです。上手い、なんて偉そうな言い方ですが。

あと、お客様との接し方が、ほんと、勉強になります。人ときちんと接するということに非常に心を砕く方です。

とにかく今回、大変助けていただいてます。お世話になっています。足を向けて寝られない先がまたひとつ。なりたい俳優像がまたひとつ。

* * *

真ん中、伊丹孝利さん。あだ名はタミさんとか。
私は普通に「伊丹さん」と呼んでいます。響きが良いですよね。「伊丹」さん。

俳優最年長の岡見さんは別格として、伊丹さんとザッキーさんが今回の座組のお兄さん。
俳優チームのリーダーというか、まとめ役というか。

伊丹さんは柔らかい方です。人を緊張させない方です。
伊丹さんと話しているときのお客様の笑顔がとても良いのです。
それを計算でなく天性でやれてる感じがします。(もちろん、ご本人も気を遣っておられるのですけど、それ以上に持って生まれた柔らかさが良いのです。)

が、お芝居は鋭い。
鋭く、そして細かいです。今回、2回以上ご覧になる方は、一度最初っから最後まで伊丹さんだけ観てほしいです。もうなんだろうこのビートの細かさ複雑さ。声にしない無数のボケ、人知れず放つ突っ込み。DVD特典で伊丹さんだけ追ってる別画面とか作ればいいのにっていうくらい。それを毎日変えて足して作りこんできますからね。毎日、開場直前までバーで稽古してるのも決まって伊丹さんです。

あと、私の好きなタイプの俳優さんです。二枚目も三枚目もイケる上、二枚目のときと三枚目のときで声や人相まで違うっていう。

今回、役柄上、割と会話はするけど全くかみ合わない、という関わり方なので、いつか相手役として共演できたらいいなあと思います。

* * *

右、片岡あづささん。あだ名は「あづ」とか「あづさちゃん」とか。
私は「あづさちゃん」、バーに入ってからはつい役名で「すーちゃん」呼び。

今回、気性の激しい、ちょっとわがままな女の子を演じているあづさちゃんですが、ご本人はとても辛抱強く控えめで遠慮深い方なので、稽古序盤では結構苦労されてました。でも本番入ってからはがんがん来てますよ。あづさちゃんと私で、女の戦いみたいなシーンがあるんですけど、いやー楽しい楽しい!お芝居上は睨み合ってますけど、二人とも内心にやにやしながらやっております。

意外と不器用。オープニングシーンも苦労してました。だがそこが可愛い。むしろキレイにさらりとやれる女優さんより可愛さでは勝ち。長い手足を持て余してどう振舞ったらいいか分からない、みたいな感じがとても良いです。そういうところ、今回の役にもとても生きていて、あづさちゃんが演じる「すーちゃん」の生きづらさとか所在無さみたいなものに化けていると思います。

当たり前ですが、声が良い。皆さんご存知かと思いますが、声優さんとして既に売れっ子さんです。そりゃそうだよなあという声です。倍音がたっぷりあって、さらりとしゃべっても言葉の意味がストレートに届くんです。

演出家からも「今回の座組のお姫様」と言われているあづさちゃん、次はほんとにお姫様の役だそうです。しかも濃姫。楽しみです!

* * *

さてお三方の後ろに重要人物がいますよ。
衣装コーディネーターの谷野留美子さん。みんな「るみちゃん」て呼んでます。

プロです。
この一言に尽きます。
かなりビシビシ言う、でも、場の空気を凍らせない。
当たり前ですけど、稽古終盤にるみちゃんが入って衣装ががらりと良くなりまして、すると不思議なもので全員の役が確立しはじめました。

今回、私もかなり衣装や小道具をお借りしています。
特に最初のシーンで着てるジャケットはめちゃめちゃ着心地良くてお気に入りです。着ると社長になれます。

るみちゃん手づくりの衣装(小道具?)もありますので、これから本番ご覧になる方は、どれが手づくりかちょっと眺めてみてくださいませ。

あと、会場で販売してるエビス駅前バーの過去公演「約束するぜと笑って言えよ」の衣装は全員分るみちゃんのオリジナルです。これがものっそいキュートでおしゃれなのです。画像…あったあった。またしても伊丹さんのブログから拝借。

t02200165_0640048011924879879.jpg

* * *

そんなわけで、本日は19時21時ともにおかげさまで満席です!
明日以降はまだお席に余裕のある回もございます、お運びいただけましたら幸いです!また書きます!

あらすじはこちらです↓
http://omochabako.blog6.fc2.com/blog-entry-1073.htmlご予約はこちらです↓(右のメールフォームや、外山への直接のご連絡でも承ります!)
http://ticket.corich.jp/apply/38957/yay/

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。