自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

などという大それた出演が決まってしまいました!以前からお世話になっている、柳家一琴師匠の一人会にお邪魔いたします。

柳家一琴師匠は、とても表情豊かで華やかな落語をなさる方で、落語をあまりご覧にならない方にも親しみやすい落語家さんです。落語を若い世代に広めようと、カフェやライブハウス、小学校や幼稚園、様々なところで精力的に活動されています。真打ちさんなのに、私の所属する落語会・焼酎亭を観に来てくださったり、気さくでお茶目な方です。

今回は一琴師匠の噺が三本、私の噺が一本、合計四本を映画の値段で楽しめるという大変お得な企画です。カフェなので、お好みでフード・ドリンクも楽しみつつ、気軽にご覧ください。

ちなみに私は、「屁っこき女房」という笑い話をやります。舞台では決して回ってこないおじさん、おばあちゃん、イケメンなどなど、新潟弁で一人芝居よろしく演じます。

精一杯勤めさせていただきますので、どうか応援してやりにお運びくださいませ!

「柳家一琴の会」
2013年1月20日(日)
開場:13時30分 開演:14時00分
木戸銭:前売\1、800 当日2,000円
出演:柳家一琴 ゲスト:焼酎亭景虎(a.k.a.外山弥生)
会場:らくごカフェ
http://rakugocafe.exblog.jp/
※神保町駅A6出口より徒歩3分、神田古書センターの5階です。

ご予約は外山へのメールもしくは右のメールフォームにて承ります。お待ちしております!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。