自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて、エビス駅前バープロデュース「捨てる。」本格始動なわけですが、その前に。今日は「捨てる。」の次、4月に出演いたします作品の読み合わせです!

生まれて初めて、「お友達と演劇」ということをするのです。

とある劇団に客演しまして、同じ劇団の別作品に客演の女優さんの芝居と人生に魅了されました。彼女の人生に出てくる人、みんなジム・キャリー主演のブラックコメディの登場人物みたいで、彼女の話を聞いているといつもエンドレスでげらげら笑ってちょっとたのしく絶望します。彼女の全開の笑顔を見ると、とっても元気が出ます。そんな彼女だから、演技もやけに面白い、なんだか分からない真似できない彼女にしかない面白さ満載なのです。

彼女が書いて演出します。

とあるワークショップに参加しまして、ゲストでいらした女優さんの芝居と佇まいに惚れました。溝口健二映画から抜け出してきたような、凛としてうつくしい女優さんなのです。私はそのワークショップでは、まったくもって不出来のきわみだったのですが、なぜか彼女も私を気に入ってくださいました。おしゃべりしてみたら、かなーりフランクな方だと分かって魅力倍増。

彼女と共演します。

お二人とは演劇で知り合ったのですが、普段は芝居の話なんか全くしません。誰かが声かけて集まって、美味しいお酒飲んで美味しいもの食べて、笑って笑ってちょっとしんみりしてまた笑うという、ほんと「ただの友達」です。でも大人になって「ただの友達」ができるってすごいことよね!なんて思っていたら、なんとお芝居一緒にできることになりましたよ!

作品が面白そうだから参加するのはもちろんなんですが、でも、なんでしょう、このわくわく感。いつもの感じとはちょっと違うのです。なんだか、高校生の頃、演劇部の頃に戻ったみたいなのです。演劇部のみんなも、お芝居で知り合って、それから「ただの友達」になれたなあ。「一生の友達」になりそう、なれたらいいなあ。大事にしていきたいなあ。

と、ちょっと脱線しましたけども、そんな日なのです。

もちろん、お友達とやる、といっても、いつもどおり全力ですよ。全力でお客様をお迎えするのは変わりません。そして、今まで全くやったことのない役に挑戦いたします。ご興味いただけたら嬉しいです。

タイトルがめちゃめちゃ良いので、早くタイトルだけでも発表したい!

また書きます!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。