自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント情報追加です!

☆☆☆16日(土)17時 手話通訳つき上演☆☆☆

作家・米内山陽子は、実は手話通訳者でもあります。彼女が舞台脇でつける手話通訳は、通訳というよりももはや、キャスト8人を手話で演じ分けるひとり芝居!

手話って、手の動きだけじゃないんです。表情、目線、身体の動き、息遣い、全身を使って気持ちを伝える言語なんです。そして、舞台作品の手話通訳ならでは、台詞がないときの振る舞いにもご注目!

手話ネイティブの方や手話に興味のある方だけでなく、今まで手話に関心を持ったことがない方にも、そして、他の回をご覧になる予定の方にこそ、この回を手話通訳者・米内山陽子に注目してご覧いただきたいです。ほんと、彼女だけ見て70分過ごしてもまっっったく飽きませんので!!

通訳席の分、席数が減りますのでお早めにどうぞ。

☆☆☆16日(土)20時 終演後 片岡あづさ生誕祭☆☆☆

今回のヒロインで声優としても活躍する片岡あづさちゃんのバースデーイベントが開催されます!作中では封印されているプロの声優さんならではの一面が見られるかも!?

女優・声優としても素敵な方ですが、一人の女性としても知性あるチャーミングな方です。イベント内容はまだ決まっていませんが、個人的に彼女の素顔のトークがとても楽しみです。

こちらもファンの方が詰めかけることが予想されますので、お早めにどうぞっ!!

片岡あづさ 公式プロフィール
http://www.81produce.co.jp/list.cgi?lady+1131051101330

3月8日(金)~17日(日)
エビス駅前バープロデュースReboot
「捨てる。」
脚本:米内山陽子(トリコ劇場)
演出:広瀬格(smokers/DART'S)
出演:岡見文克、伊丹孝利(宇宙食堂)、山崎雅志(ホチキス)、外山弥生、佐々木富貴子(東京ネジ)、田中千佳子、竹内尚文(少年社中)、片岡あづさ

会場:エビス駅前バー
http://www.ebisubar.jp
JR及び地下鉄恵比寿駅から徒歩5分
mapbig.jpg

チケット:
¥2,600(前売り・当日共に)+1drink
【家族割】
2名様以上のご来場で全員100円引き(身分証不要。家族じゃなくても大丈夫です。)
【Reboot割】
受付にて「復帰おめでとう」と言うと100円引き。
※割引は併用不可です。

タイムテーブル:
3月
8日(金)21時
9日(土)13時/17時/20時
10日(日)13時/17時/19時
11日(月)19時/21時
12日(火)19時/21時
13日(水)休演日
14日(木)19時/21時
15日(金)19時/21時
16日(土)13時/17時/20時
17日(日)13時/17時/19時
※受付及び開場は上演の30分前です。
※上演時間は約70分を予定しております。

外山弥生専用受付URL
http://ticket.corich.jp/apply/42170/yay/

親子、きょうだい…切ることのできない「血」という繋がりを、「捨てる」をキーワードに、ときに切なくときに可笑しく描く連作短編集。エビス駅前バーで3度上演され、いずれも好評を博した人気レパートリーをリライト&新演出でお送りします!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。