自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間の前半戦だったなー。

ありがたいことに、前半のほぼすべての回が満席でした。ほんと、何よりありがたいです。感謝です。しかも、帰りに「もう一度観たい!」と予約を入れてくださる方や、「もう一回来たいけどどうしても来れない…再演して!!」と言ってくださる方が本当にたくさんいらして、とてもとても嬉しいです。大好きな作品なので、お客様に気に入っていただける、作品の良さを共有できることがしみじみと且つ飛び上がりそうに幸せです。うっひゃい!!

さて、後半も実は結構混み混みなのです。(ありがとうございます!)というわけで、


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 残席情報 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・14日(木)15日(金)はともに19時/21時、いずれも残席わずかです。
・16日(土)13時/17時/20時、いずれも満席です!ありがとうございます!(どうしてもこの日観たい!という方は外山にご相談くださいませ!)
・17日(日)13時が比較的空いています。17時/19時は残席わずかです。

ねらい目は14日(木)21時と17日(日)13時です!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 残席情報 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


一人でも多くの方に観ていただきたい、と、狭い空間ながら快適に観ていただきたい、のせめぎあいで、スタッフの皆さんがとても苦心してぎりぎりの増席をしてくださいました。その増席ぶん含め、おかげさまでもうかなり埋まっております。ありがとうございます。

尚、自由席ですので、既にご予約いただいている皆様もお早目のご来場をおすすめいたします。ゆっくり座ってドリンクを召し上がって、壁に飾られているレコードなんか眺めていただいて、バーの空気を充分に味わってからお芝居を観ると、また一段と楽しいんですよ~。

後半もお待ちしております。

3/8(金)~17(日)
エビス駅前バープロデュース「捨てる。」
脚本:米内山陽子(トリコ劇場)
演出:広瀬格(smokers/DART'S)
出演:岡見文克、伊丹孝利(宇宙食堂)、山崎雅志(ホチキス)、外山弥生、佐々木富貴子(東京ネジ)、田中千佳子、竹内尚文(少年社中)、片岡あづさ

会場:エビス駅前バー
mapbig.jpg
JR及び地下鉄恵比寿駅から徒歩5分

チケット:
¥2,600(前売り・当日共に)+1drink
【家族割】
2名様以上のご来場で全員100円引き(身分証不要。家族じゃなくても大丈夫です。)
【Reboot割】
受付にて「復帰おめでとう」と言うと100円引き。
※割引は併用不可です。

タイムテーブル:
14日(木)19時/21時 いずれも残席わずか
15日(金)19時/21時 いずれも残席わずか
16日(土)13時/17時(手話通訳回)/20時(終演後 片岡あづさBDイベント)この日はすべて満席です
17日(日)13時/17時/19時 13時はやや余裕あり 17時・19時は残席わずか
※受付及び開場は上演の30分前です。
※上演時間は約70分を予定しております。

外山弥生専用受付URL
http://ticket.corich.jp/apply/42170/yay/

2012年10月にご好評いただいた「ライ・トゥ・ミー」メンバーがほぼ集結!本物のバーを舞台に、お客様の鼻先30cm、各回限定20席。まばたきひとつ、吐息ひとつも見逃せない見逃さない濃密空間はやみつきになること間違いなし!

親子、きょうだい…切ることのできない「血」という繋がりを、「捨てる」をキーワードに、ときに切なくときに可笑しく描く連作短編集。エビス駅前バーで3度上演され、いずれも好評を博した人気レパートリーをリライト&新演出でお送りします!


お申し込みは上記、もしくは右のメールフォーム、はたまた外山に直接メール、いずれでもお受け付けいたします。お待ちしております!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。