自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげさまで、エビス駅前バープロデュース「捨てる。」、無事終演いたしました。ほぼ全ステージ満員御礼という大好評を頂けて、本当に嬉しい限りです。

色々書きたいことがあるんすですけど、まだまとまらないです。

大好きな作品、大好きな座組でした。千秋楽終えて打ち上げ終わって帰ってきて、案の定夢の中で追加公演してました。ずっとやってたかったな。

毎度のことながらたくさんの方に支えて頂いての公演でした。急遽決まった企画ということもあり、特に家族に支えてもらっての舞台でした。ありがとう。

あんまり考えてるとさみしくなるんですが、そして、さみしくなる暇もなく次回作品の稽古に合流するわけですが、とにかく、とにかくありがとうございました。幸せな、そして私にとって大きな糧となる経験をさせていただきました。お客様を始めとして、関わってくださった方すべてに感謝申し上げます。ありがとうございます。

相手役の田中千佳子ちゃん、竹内尚文くんと。大好きでたまらない「いとこ」二人でした。ありがとう。もう、ありがとうしか言えないや。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。