自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクキエダモノ「女教師と団地妻」稽古中ではありますが、その次の出演情報が解禁となりましたのでお知らせいたします!

朗読と絵のコラボレーションイベントに生演奏でゲスト出演いたします!

2013年5月17日(金)~19日(日)
午後から雨になるでしょうプロデュース#3
「クライマガコのイノリとカタリ(仮)」

千歳船橋 カフェのある一軒家劇場 APOCシアターにて (1ドリンク付き)
【作・演出】吉永亜矢
【絵】細野健
【出演】たざわかよこ 大政明日香 浅川美也
【音楽ゲスト】齊藤丈二(ギター) 外山弥生(ウクレレとおもちゃの楽器)

ゲストは日替わり出演となります。出演回は追ってお知らせいたします。



午後から雨になるでしょう、は、第1回公演からファンでずっと拝見していて、そして吉永さんにもいつも私の舞台をご覧いただいていて、ずっと「出たいです!」と言い続けてきました。それがこんなかたちで実現!

吉永さんの台本は、いつも、少し不思議でとてもあたたかくって、そしてとても演劇的です。舞台でしかできないこと、俳優の身体を介してしか表現できないことを、愛情と尊敬の念を持って俳優に託す作家さんだと思います。

今回は台本じゃなくて小説なんですが、やっぱり同じくとっても素敵なんですよー。それを素敵な声の女優さんたちが、劇場に飾られた絵の中で読む。きっとファンタジックな公演になると思います。おもちゃのピアノやウクレレで、そのファンタジックな世界を少し広げられたらいいなと、ボクキエダモノと並行して曲作りに励んでおります。

チケット発売などはまだもうちょっと先なので、またお知らせします!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。