自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



麻衣子さんは常に現場を掛け持ちしています。
この現場の稽古が始まって半月ちょっとの間に別現場の本番がふたつあったというツワモノです。
「すごいね、がんばるね」と言ったら、

あたし、やり続けてないとダメなんです

と真剣な目で返されて、自分のぬるい発言を反省するとともに麻衣子さんのことを大好きになったのでした。なんかそれもあって、さん付けです。あと、「まいこさん」て音がうつくしいよね。

麻衣子さんはパントマイムもたしなまれます。そのせいか、身体がとても正直で、その正直な身体に嘘をつかない芝居をします。今回の役は、シャイで優しい麻衣子さん自身とは真逆のキャラクターで、しばらく苦労されてましたが、役としての立ち方(文字通りの立ち方です。立ってるお芝居のときの姿勢。)が決まったら、あっという間にキャラクターも立ち上がって、そこから一度もブレません。身体で演じるひとです。つまり女優です。

実は台詞の上では一度も麻衣子さんとやり取りがないのですけど、細かい演技でちょいちょい絡んでます。いつなんどき目線を投げても、なんの計算もなくキャラクターとしてのリアクションが返ってきて、とってもとっても楽しいのです。

今回のお芝居は、色々伏線のあるお話です。だから、一度観て頂いて、お話を知った上でもう一回観て頂くと楽しいです。それでね、もし二回目見てくださるなら、他の人が喋ってるときの麻衣子さんをちらりちらりと見て欲しいのです。

きっと、すっごく、楽しいです。

4月17日(水)~21日(日)
ボクキエダモノvol.3 「女教師と団地妻」



【作・演出】つついきえ
【出演】
外山弥生、菊地奈緒(elePHANTMoon)、石井麻衣子(Island)、かとうずんこ、安達修子、千賀亜希子(劇団40CARAT)、赤星雨(やさしい味わい)、志水衿子(ろりえ)

【公演日程】
4月17日(水) 19:30【残りわずか】
4月18日(木) 14:00/19:30【満席】
4月19日(金) 19:30【満席】
4月20日(土) 14:00/19:00
4月21日(日) 12:00/15:00
開場は開演の30分前です。上演時間は70分弱を予定しております。
各回限定30席、21日(日)12時の回のみ限定20席です。

【チケット】
前売・当日 2,500円(全席自由)

昨日と同じ今日がずっと続くと思っていた平凡な主婦たち。だが彼女らの住む団地に一人の女教師が越してきたことで、未来は少しずつ歪みはじめる…!

主役の女教師を演じます。ご予約は下のURLもしくは右のメールフォームにてお受けいたします!

外山弥生専用予約ページ
http://ticket.corich.jp/apply/43733/010/

【会場】
ギャラリー・ルデコ 4F
〒1500002
東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル 4F
03-5485-5188
http://home.att.ne.jp/gamma/ledeco/
※JR渋谷駅新南口から徒歩2分

【スタッフ】
舞台監督 吉川悦子
照明 黒太剛亮(黒猿)
宣伝写真 橋@K

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。