自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



せんちゃんです。若者たちは「せんさん」と呼びにくそうな呼び方で嬉しそうに呼んでいます。

今回のキャストの中で、私と一番近い人です。どういうことかと言うと、お互い本分は役者ではあるのですが、別ジャンルも持っていてそれが身体にしみついている。私は音楽、せんちゃんはダンスです。

踊れる人です。だから立ち居振る舞いは当然美しい。のですけど、美しい動きとかそういうことより、なんかこの人芝居だけじゃないなっていう面白さを持ってるんです。予測不能なリズムというか。うん、リズムかな。なんかね、仕草のひとつひとつがきらきらしてるんですよね、芝居してるとき。

勿論、役者一本じゃないからこそ苦労することもあって、そのあたりお互い相談し合ったりしています。私の心の支えです。

芝居してないときのせんちゃんは、マーガレットの花束のような人です。気を遣うとかではなくその場を明るくしてしまう人。誰かが可愛い服を着ていたりすると、ぱーっとその人のとこへ走って行って、子どもみたいににこっとして「可愛い」とつぶやきます。そんなせんちゃんが一番可愛いよ。なごむよ。そんな意味でも私の心の支えです。

今回、せんちゃんは自分と程遠い役に苦労している…と自分では思ってると思うんですけど、たぶん座組みんなが思っている。

せんちゃんの役、せんちゃんそのまんま。

明るくてきらきらしていて、みんなが好きにならずにはいられないマーガレットの花束。そんな花束があんな台詞を吐いたりこんな仕打ちを受けたりするから面白いんじゃありませんか…!

だからどうかせんちゃん、誰よりも楽しく舞台の上で踊り咲いてください。あなたが輝けば輝くほど作品は素敵に陰惨になるのさ!きっと!

4月17日(水)~21日(日)
ボクキエダモノvol.3 「女教師と団地妻」



【作・演出】つついきえ
【出演】
外山弥生、菊地奈緒(elePHANTMoon)、石井麻衣子(Island)、かとうずんこ、安達修子、千賀亜希子(劇団40CARAT)、赤星雨(やさしい味わい)、志水衿子(ろりえ)

【公演日程】
4月17日(水) 19:30【残りわずか】
4月18日(木) 14:00/19:30【満席】
4月19日(金) 19:30【満席】
4月20日(土) 14:00/19:00
4月21日(日) 12:00/15:00
開場は開演の30分前です。上演時間は70分弱を予定しております。
各回限定30席、21日(日)12時の回のみ限定20席です。

【チケット】
前売・当日 2,500円(全席自由)

昨日と同じ今日がずっと続くと思っていた平凡な主婦たち。だが彼女らの住む団地に一人の女教師が越してきたことで、未来は少しずつ歪みはじめる…!

主役の女教師を演じます。ご予約は下のURLもしくは右のメールフォームにてお受けいたします!

外山弥生専用予約ページ
http://ticket.corich.jp/apply/43733/010/

【会場】
ギャラリー・ルデコ 4F
〒1500002
東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル 4F
03-5485-5188
http://home.att.ne.jp/gamma/ledeco/
※JR渋谷駅新南口から徒歩2分

【スタッフ】
舞台監督 吉川悦子
照明 黒太剛亮(黒猿)
宣伝写真 橋@K

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。