自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超簡単、原価めちゃ安、日持ちする、健康的、ごはんにもお酒にも合う、
絶 対 に 失 敗 し な い !、
をモットーにご紹介する、手抜きレシピシリーズ第二十二弾です。

日持ちはしないかな。

* * * * * * * * * * * * * * * 

「チヂミっぽいもの」
<材料>(2枚分)
・ニラ 1束
・干しエビ カレースプーン大盛り1杯
・薄力粉 カレースプーン大盛り2杯
・片栗粉 カレースプーン大盛り1杯
・ゴマ油 ティースプーン1杯
・水 適当

1.薄力粉・片栗粉・ゴマ油・水を混ぜる。ダマになっても気にしない。
 「え?これシャビシャビすぎてまとまらなくない?」くらいで大丈夫。
 目安としてはもんじゃ焼きくらい。

2.みじん切りに刻んだニラと干しエビを1に入れて混ぜる。
 「えっと、主にニラですね」って状態になります。
 ここで、「意外と水少なかったな…」ってなったら水を足してもOK。

3.フライパンにゴマ油(分量外)をやや強火で熱して2を半量流し込む。
 ニラのみじん切りがフライパンの上で小山になって「わあ、チヂミって
 いうか、やっぱニラですね」ってなるので、箸かなんかでならします。
 可能な限り薄くならします。生地は勝手に一緒に伸びます。

4.3分くらいして香ばしいニオイがしてきたらフライ返しで裏返す。

5.3分くらいしたらできあがり。酢醤油をべしゃっとつけて食べます。

* * * * * * * * * * * * * * * 

チヂミというにはあまりにニラなのです。でも美味。
レバニラとかで余ったニラを一気に消費できます。

生地は、薄力粉:片栗粉=2:1になってればダマダマでも
シャビシャビでも全然平気。

干しエビのほか、しらすやかつおぶしなど、海のものならなんでも
合うと思います。塩気があるものがいいです。

火は強めのほうがカリっと焼けます。意外と焦げにくいです。


おすすめ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。