自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は一日、浅草で撮影でした!



昨年出演した舞台、ミナモザ「国民の生活」のご縁で、8月に開催されるリーディング公演のイメージ写真モデルを務めて参りました。モデルだってよ!ひゃー!

これが面白い公演なんです。2団体の新作・競作方式なんですけど、そのやり方が面白いの!

まず、写真の作品撮り。できあがった写真の中から、各団体の作家さんが好きな写真を選び、好きな順番に並べる。そして、本番ではその写真をスライドショー形式で上演しながら、リーディング(朗読)をするんだそうです。

つまり、写ってるのは外山ですが、2作品で全然違うキャラクターとして扱われるってこと。
さらに、同じ写真が2作品で全然違うイメージで使われるかもしれないってこと。

テーマだけ共通で決まってます。「手」です。いつもの作品撮りと違って、手だけのアップも色々撮っていただきました。

主宰団体はみきかせといいます。劇場との企画公演など、スケールの大きい活動をされている団体さんです。主宰のおさださちえさん、ふんわり可愛くて元気で素敵な女性です。ミナモザでもめちゃめちゃお世話になりました、いっぱいいっぱいの私を毎日励ましてくださったり。マイフェバリット素敵人妻の一人でもあります。つまり大好きです。

撮影は須田俊哉さん。売れっ子さんです…!こんな方に撮って頂けるなんて!ご縁って有難いです。

デザインは郡司龍彦さん。こちらも売れっ子さんです。えっと、でも、撮影の合間にこんな写真撮ってごめんなさい。



4人で一日、浅草寺におまいりしたり隅田川を眺めたり花やしきをぶらついたり、まるで遊びに行ったみたいな気楽さで撮影してきました。撮られていて、須田さんの写真が素晴らしいのが伝わってくるのと、素の表情が撮りたいということで、お任せして楽しく遊んできました。デザイナーさんなのに一日付き合ってくださった郡司さん、常に現場を盛り上げてくださったおさださんのおかげでもあります。ほんとに楽しい一日でした。ジェットコースターも乗ったよ!

「舞台のチラシや他の作品撮りでは見られない外山さんが撮れてるよ」

とおさださんに言って頂きましたよー。仕上がりが楽しみですよー!それがどう使われるのか、めちゃめちゃ楽しみですよー!!

公演は8月です。おそらく、9月の舞台の稽古が始まっているのですが、なんとかして私も本番を観に行きたい!また詳細お知らせしてまいります!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。