自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうことのために演劇はある、なんて偉そうに言えるほどキャリアないですが、こういうことのために演劇やってる、という企画に参加できることになりました。お知らせできて嬉しいです。

下北01
(画像はクリックすると大きいサイズで見られます)

下北03
(画像はクリックすると大きいサイズで見られます)

2011年に出演した震災と原発事故を扱ったドキュメンタリー演劇、ミナモザ「ホットパーティクル」(ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!)。観客の中に、福島県は浪江町出身の歌人・三原由起子さんがいらっしゃいました。終演後、少しお話させていただく機会があって、故郷を失うということについて改めて考えさせられるとともに、三原さんのキュートさに魅了されたのでした。

それから2年。先日、ミナモザの主宰の瀬戸山美咲さんからご連絡をいただき、「三原さんが下北沢の再開発について、浪江出身という立場からリーディング作品を書くのですが、出ませんか。私も出ます」と。瀬戸山さんのお声がけも嬉しかったし、企画にもとても興味があったし、何より三原さんに再会したい!!という思いでOKさせていただきました。

ちなみに9月の舞台の本番の1週間後なんですよ。「それでもよければぜひ出たいです」と三原さんにわがままなお返事して、だけど快諾いただいて、ほんと嬉しかったです。

で、ですね。チラシが届きました。上の画像です。

すごい豪華キャストでびっくりしたよ! …なかでも、巻上公一さんとご一緒する日が、しかもこんなかたちで来るなんて!思いもしませんでした。びくびくしています…。

追記:流山児祥さん(流山児★事務所)と伊原農さん(ハイリンド)も出演決定しました!

いやいや、がんばります!

同時上演の「劇団ほぼ無職」も何かと話題の劇団です。他にも、チケットは別売りになってしまうのですが、アラーキーの写真展があったり、あまちゃんバンドの演奏があったり、世田谷区長を囲むパネルディスカッションがあったり、硬軟どちらの意味でも面白いイベントですので、ぜひ遊びにいらしてください!

SHIMOKITA VOICE2013「岐路に立つ下北沢」
1日目・夜の部/朗読劇「しもきたなみえ」
9月29日(日)16:30開演 成徳ミモザホール
作・三原由起子/演出・西山水木
出演:巻上公一 瀬戸山美咲 谷岡健彦 外山弥生 坪井美香 西山水木

前売:2,000円/当日:2,500円
※劇団ほぼ無職「バーレスQ~シモキタ駅前伝説~」と2本立てです。一枚のチケットで両方観られます!

そのほか詳細はこちら→SHIMOKITA VOICE

ビグトリィ
Tel:03-3419-6261
E-mail:sv2012★shimokita-voice.net(★を@に変えてください)

詳しくは下の画像をクリック↓↓↓

下北02

さて、明日からはいよいよ、9月の舞台の稽古です。こちらもがんばります!!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。