自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧年中はお世話になりました。

一月、柳家一琴師匠のらくご会へのゲスト出演。人生のボーナスステージでした。おまけに、ここでご縁のあったお客様がその後舞台に来てくださったり、ほんと、ボーナス過ぎです。

三月、一昨年の「ライ・トゥ・ミー」ご好評につき実現した、エビス駅前バープロデュース「捨てる。」。観客として好きだった作品の再演でもあり、思い出深い作品となりました。

四月、ボクキエダモノ「女教師と団地」初めての【友達と演劇!】に終始楽しくて楽しくて。さらに全回満員御礼につきの追加公演もさせていただきました。ありがとうございます。

五月、午後から雨になるでしょう「クライマガコのイノリとカタリ」、絵と朗読の公演にて、とても久しぶりに音楽の仕事をさせていただきました。この公演のために書き下ろした曲たち、またいつか何処かで演奏したいです。

八月、みきかせカフェにて写真モデル。一つの写真作品から二人の作家さんが全く別々の朗読作品を作るという素敵企画でした。また自主映画やりたいなあ!とも思いました。

九月その1、午後から雨になるでしょう「カナタの石」、一昨年に台本をいただき、一年間夢中で関わってきた作品。初めてのお客様にたくさんご好評頂いたのがとても嬉しかったです。

九月その2、SHIMOKITA VOICEにて朗読劇「しもきたなみえ」。ミナモザ「ホットパーティクル」からのご縁が続いての出演ということが何より嬉しく。思いもよらぬ豪華キャストに混じって勉強させていただきました。

こんなにあれやこれやとやらせていただけたことに、本当に、ただただ感謝申し上げます。お世話になった皆様がたに、何か少しでもご恩返ししていける、そん年に今年はしたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

年明けひとつめは1月28日です、詳細もう少しお待ちくださいませ!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。