自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お蔭様で、「ぽりかふぇ」第一回での朗読、無事終了しました。

policafe20140202.jpg

「崖から飛び降りる」朗読バージョン、「ぽりかふぇ」企画者の一人であり
「崖から飛び降りる」作・演出の瀬戸山美咲さんと、共演の石田迪子ちゃんと。

2012年8月の初演から1年半、初演をご覧くださったお客様から「良くなってる」とのお声もいただいて、これはもうイベント趣旨と関係なく役者としてとても嬉しかったです。瀬戸山さんからも、「レパートリー化したいね」と嬉しい言葉。

やってみて色々思い出しました。初めてデモに行ったときのエネルギーに圧倒される感じ、誰もいない自宅でエアコンをつけるつけないですごく悩んだり、署名活動に参加するときのよくわからない不安感。忘れちゃいけないんだけど、やっぱり薄れちゃうんですよね。やれてよかった。思い出せてよかった。お客様も、それぞれの2012年8月を思い出しながら観てくださったようです。

『崖から飛び降りる』作:瀬戸山美咲/出演:外山弥生 石田迪子

もう一本の「秘密の裏側」は、政治家やマスコミの実際の発言を再構成して作られたドキュメンタリーに近い作品。私は主に福島みずほさんの発言を語らせていただきました。堅い言葉、難しい言葉のオンパレードでしたが、それを裏打ちする気持ちを共演者の皆さんと作っていく作業がとても楽しかったです。リハーサル中、トークゲストで参加された劇作家の篠原久美子さんが「論理的な台詞はエモーショナルに、感情的な台詞はロジカルに」とアドバイスをくださって、役者としてはもうこれだけで今日の収穫ですよ。

『秘密の裏側』作:相馬杜宇/出演:山本悠生 浅倉洋介 小杉美香(チャリT企画) 外山弥生 石田迪子 清水弥生・関根信一(劇団フライングステージ)

お客様を交えてのトークは、もう勉強になることばかりで、石田迪子ちゃんと帰り道、「普段、政治の話なんてあまりできないし、こういうところに来ると、他の人の思ってることを聴けていいね」とおしゃべりしながら帰りましたが、ふと気づくと、これって瀬戸山さん・相馬さん・清水さんが「ぽりかふぇ」を企画された意図そのものだなあ。短い時間で結論なんか出ないし、小さなことでも伝わらなかったりします、するんですけど、話せるというそのことがとても貴重でした。これはもう役者とか置いておいて、素の私として、36歳日本人女性として。

素敵なお客様ばかりで、終始なごやかだったんですが、主宰側からは「もっと全然相容れない意見の人も呼んでトークしてみたいよね」という発言もあり。そのときは、キャストで呼ばれなくてもぜひ目撃したいです。

改めまして、ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

* * *

さて、都知事選挙に行く前に、7日(金)にコントなのです。お席、あと10席くらいのようです、たくさんのご予約ありがとうございます。ご検討くださってる皆様、お急ぎくださいませ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。