自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿コントレックスvol.11、無事終了いたしました。ありがとうございました。


(クリックすると大きな画像が見られます)

MU「やっぱり猫が行方不明」座組、右から作・演出のハセガワアユムさん、盗塁王役の古屋敷さん、主演でキレッキレ体育教師役の青木さん、このルックスで敢えての高校生・老け顔キャッチャー役の加藤さん、ヒロインにしてクールな人妻役の千晴ちゃん、空気の読めない元カノ役の外山です。仲良くて且つ大人で、プロジェクトチームみたいな座組でした。またいつでもバッと集まって、この作品やれる感じがする。

よく考えてみたら、普通の劇場に出るのって一年半ぶりくらいで、しかもそれがコント競作イベント。面白いもの好きすぎる。と言いつつ、普通の劇場っていいなあとしみじみ思ったり、思いながら、次回出演はまた劇場じゃないんですけど。

ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました。またお会いできますように。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。