自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランデブってきました!



或る夜の出来事#2「ペチュニア・ランデブー」観劇のちトークゲスト。トーク目当てでご予約くださったお客様もいらして嬉しかったです!ありがとうございます。楽しんでいただけてたら嬉しいです。

でね、あんまりお芝居が良かったので興奮さめやらぬままブログ書いてます、暑苦しかったらお許しくださいませ。

女優がみんな可愛いのは写真の通り、俳優も上手い方ばかりで、脚本も途中までは読んでて面白いなとは思ってましたが、ここまでとは!脚本と演出と俳優と映像と、いろんな力が合わさってすっごく素敵なお芝居に仕上がってます!

映像パートがどうハマるのかなって楽しみにしてたんですが、期待以上でした。お芝居が、客席がとても近いこともあって割と映像的で、映像のほうは舞台っぽい演出を取り入れてたりもするので、すごーく馴染んでるんですよ。作品のファンタジックな世界観を映像が支えてる感じ。(自分のお芝居を客席で観るのは恥ずかしかったですが…笑)

そして舞台キャストのぐいぐい行くライブ感!脚本に結構濃いラブシーンが書かれてまして、「これ、どうやるのかなあ。客席近いからあんまりリアルだと観るの恥ずかしいな…」って思ってたんですけど、あっけらかんとしててダンスみたいに魅せられて、でも色気もあって、楽しかった!普通の会話のシーンとかもどれもキラキラしてて素敵なの。ただ台詞を言うということを勉強させていただきました…!

あとやっぱりお話の世界観が好き。自分という存在の根拠は○○。コギトエルゴスムよりずっと温かくてシビアな世界。この世界で、ラストシーン以降の主人公がどう生きて行くのか、気になってしまいました。と思ったら、後日、映像でアフターストーリーをやるそうで、楽しみだー!

26日まで、渋谷のルデコというギャラリーでやってます。私が出てるのは映像5分だけですが、自分が出てるのを置いておいても観て欲しい作品。詳細とご予約はこちらです。
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=58183

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。