自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お陰様で香魚拓第6回公演「殉職刑事」、無事初日が終わりました!バルコニーまでぎゅうぎゅうのお客様と楽しませていただきました、ありがとうございました!

さて本日は15時と19時半の2回、どちらもまだ若干枚お席がございます。上演時間は1時間50分弱の予定です。雨の平日、憂鬱な気分を馬鹿刑事物語で吹き飛ばしに来てください!

map.png

駅までちょっとわかりづらいかもしれません。もし道に迷われたら、03-5385-9080までお電話ください!

現在の残席情報はこちらです↓
6(木)15:00 △ /19:30 △
7(金)19:30 ▲
8(土)15:00 × /19:30 ▲
9(日)12:00 ▲ /16:00 ▲
×完売 見切れ席のみ
▲まもなく完売
△お急ぎください

・当日精算券・当日券:3200円
・演劇初めて割引:2200円(キャッシュバック式)

チケットは右のメールフォームから、外山への直接ご連絡でもOKです、いつもの通りです!

公式サイト
http://homepage2.nifty.com/MDV-A/junsyokudeka/

2014年11月5日(水)~9日(日)
香魚拓(あゆたく)第6回公演「殉職刑事」
作・演出:早川あゆ
会場:中野 劇場MOMO
http://www.pocketsquare.jp/momo/
出演:
蒲公仁(個人企画集団*ガマ発動期)、鈴木浩之、武藤アサ子、新妻明美(劇屋いっぷく堂)、森谷あずさ(スターダス・21)、吉田さとし(劇屋いっぷく堂)、ラバウル幸子(劇団可燃物)、外山弥生、藤田マコト、渡辺芳博(虚構の劇団)、和田裕太(Theatre劇団子)

<あらすじ>
死んでも死んでも何故か生き返ってしまい「殉職」という二つ名で呼ばれるようになった刑事、シバシタ。いつしか彼は無事に死ぬことはできるのか。「刑事」と書いて「デカ」と読む、ハイテンション馬鹿刑事物語!是非劇場で刑事の生きざま、寧ろ死にざま、ご覧下さい。外山は捜査一課の紅一点・女刑事お千代を演じます!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。