自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげさまで「アポトーシス」、どちらの回も立ち見ありの満席且つご好評で終了いたしました!「台本あるんでしょ?えっないの?!」「続きが気になる!」「全編観たい!」の声多数。上演後もパンフや展示とにらめっこして作中の仕掛けを推理したり続きがどうなるかお客様同士で盛り上がったり、「こっちの展示の上演も観たいなあ!」と別作品を観るスケジュール立ててくださったり、企画まるごと楽しんでくださる方が多くて嬉しかったです。

次は5/2(土)16:30と18:00、ガールズシットコム「あたらしい部屋」。うって変わってゆるふわちょいキュンややガサツにお届けいたします。


(クリックすると大きくなります)

みんなで女子ぶってみた。劇中では…少なくとも両サイドふたりは女子じゃない。女子とは言えない。なんだ。オンナという名のケダモノか。私に限ってはほぼケダモノか。就職とともに上京してきたヒロインを取り巻く個性的すぎる面々が繰り広げる、くだらなくてちょっと切ない会話劇です。吉祥寺の街にとてもよく似合うお話だと思います。

16:30の回はおかげさまで満席ですが(ありがとうございます!)、18:00の回はまだちょこっとお席あります。ご予約こちら!↓
https://www.quartet-online.net/ticket/kakuu03?m=0aadijg

当日のご予約は右のメールフォームか、外山のメールアドレスへ直接どうぞ!お待ちしてます!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。