自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
梅が丘プチルピリエ「おかしな監督映画祭」に行ってきました。
不定型監督「光」がもう8年も前の作品だってことに驚きでした。
8年!

渡辺聡監督「行ってしまった春と夏を待つ夜」、主演の小叉
ぴろこさんにもやや久々にお会いできて嬉しかったです。
これも6年も前の作品。
ぴろこさんの変わってなさにびっくりです。

自主映画の上映会自体も久々で楽しかったです。
独特の空気感なんですよね。

さて、しばらくお目にかかるチャンスはなくなってしまうのですが、
ありがたいことに撮影と英語台詞指導(!)のお仕事が入って
います。どちらも旧くからのお付き合いの方からのお声がかり
です。ご縁ってありがたいなあ。

また書きます!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック