FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
机上風景という劇団について。
不思議な劇団です。まず上下関係がない。みんなタメ口ってことじゃないですよ。年齢差もあるし、やっぱり年少者や新顔は自然と相手に敬意を払う。でも、年長者だったり劇団での先輩だったりする側も、やっぱり相手に敬意を払っている。といって他人行儀ではなく、うっかりしていると寄ってたかっていじられる。たとえ演出家でも。それでいてしょっちゅう皆で呑みに行くわけでもなく、割と自主自立。一人一人がきちんと大人なんですね、きっと。書いてて不安になってきました。大人に混じって、かまってもらって、オトナのつもりになってる子供じゃなかろうか、私。

作家の高木さん。陽だまりの猫のように愛らしい。描く世界は悲惨なものが多いけれど、実は「悪いことしたら必ず報いがあるんだよ」という主張が含まれていて、だから観た後は元気が出る。初対面からあごとかほっぺとか触りまくってごめんなさい。

主宰・演出の古川さん。決して怒らず、役者が自分で掴むのをそっと手助けしながら待っていてくれる。演出家って灰皿を投げるのが仕事だと思い込んでいたおもちゃとしては、それだけで驚愕。時々、誰にも受けないギャグを言って、一人で受けて、そのあとちょっとだけ落ち込んでいる。

看板女優・川口さん。もともと整った顔立ちですが、舞台に上がると絶世の美女に。なのに写真では素人っぽくて、この人は本当に舞台女優なのだなと思ってみたり。普段は割とお茶目。「よっ、大統領」とか「殿!」とか呼びかけると、一人コントを延々と展開してくれる。これが地味に面白い。

(続く)


追記を閉じる▲
不思議な劇団です。まず上下関係がない。みんなタメ口ってことじゃないですよ。年齢差もあるし、やっぱり年少者や新顔は自然と相手に敬意を払う。でも、年長者だったり劇団での先輩だったりする側も、やっぱり相手に敬意を払っている。といって他人行儀ではなく、うっかりしていると寄ってたかっていじられる。たとえ演出家でも。それでいてしょっちゅう皆で呑みに行くわけでもなく、割と自主自立。一人一人がきちんと大人なんですね、きっと。書いてて不安になってきました。大人に混じって、かまってもらって、オトナのつもりになってる子供じゃなかろうか、私。

作家の高木さん。陽だまりの猫のように愛らしい。描く世界は悲惨なものが多いけれど、実は「悪いことしたら必ず報いがあるんだよ」という主張が含まれていて、だから観た後は元気が出る。初対面からあごとかほっぺとか触りまくってごめんなさい。

主宰・演出の古川さん。決して怒らず、役者が自分で掴むのをそっと手助けしながら待っていてくれる。演出家って灰皿を投げるのが仕事だと思い込んでいたおもちゃとしては、それだけで驚愕。時々、誰にも受けないギャグを言って、一人で受けて、そのあとちょっとだけ落ち込んでいる。

看板女優・川口さん。もともと整った顔立ちですが、舞台に上がると絶世の美女に。なのに写真では素人っぽくて、この人は本当に舞台女優なのだなと思ってみたり。普段は割とお茶目。「よっ、大統領」とか「殿!」とか呼びかけると、一人コントを延々と展開してくれる。これが地味に面白い。

(続く)

【2005/04/15 10:31】 | 稽古日記(舞台)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック