FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
続きです。以前劇団員で今回は客演、劇団員だけど今回は出演しない、など色々なスタンスの人がいるので、今回は「机上風景にまつわるひと」ということで。
今回の主演、キンキンこと平山寛人さん。「笑い」を知っている人。同じ台詞をどう読んだら可笑しいのか知っている=シリアスにも演じられる。常に人とツボが違うらしく、おもちゃの「れーしっくとわたし」を読んで、冒頭の「ちょっとまとまったお金」って何なのか、むしろそこが気になって仕方ない人。黙っていればセクシィ。

さみちゃんこと尾崎公美さん。几帳面で真面目で、おそらくいつも自分が一番出来てないと思ってる。でも実は一番出来がよかったりする。目の強い人。マスカラやアイラインで作ったんじゃない「目ぢから」を持っている。詳しくはこちら

ハマちゃんこと濱恵美さん。彼女の芝居はなんか面白い。うまいとか下手とかじゃなくてなんか面白い。天性。それをまた平山さんが指摘してたりして、悔しい。写真に撮られるときの表情も、なんかいい。綺麗とか変とかじゃなくて、なんかいい。それをまたyoshitoさんが指摘してたりして、悔しい。

かなえちゃん=池畑佳苗さん。最年少だけど芸歴はおもちゃと同じくらい。でも常に気を使ってくれる。焦ると面白い動きをする。おもちゃはどうやら佳苗ちゃんの好みの顔らしいのだけど、かなえちゃんだっておもちゃの好みなのだ。皆に可愛がられている。

てっさん=坂口哲さん。怖い。メールの語り口が怖い。佇まいが怖い。ヒットマンみたいな目が怖い。でも、勇気を持って話しかけてみると、実は会話上手で気遣い上手だったりして、いい笑顔してたりして、また話しかけてみたくなる。麻薬のような人だ。やっぱり怖い。

そんなこんなで、明後日はいよいよ台本が上がってきます。そのはずです。


追記を閉じる▲
今回の主演、キンキンこと平山寛人さん。「笑い」を知っている人。同じ台詞をどう読んだら可笑しいのか知っている=シリアスにも演じられる。常に人とツボが違うらしく、おもちゃの「れーしっくとわたし」を読んで、冒頭の「ちょっとまとまったお金」って何なのか、むしろそこが気になって仕方ない人。黙っていればセクシィ。

さみちゃんこと尾崎公美さん。几帳面で真面目で、おそらくいつも自分が一番出来てないと思ってる。でも実は一番出来がよかったりする。目の強い人。マスカラやアイラインで作ったんじゃない「目ぢから」を持っている。詳しくはこちら

ハマちゃんこと濱恵美さん。彼女の芝居はなんか面白い。うまいとか下手とかじゃなくてなんか面白い。天性。それをまた平山さんが指摘してたりして、悔しい。写真に撮られるときの表情も、なんかいい。綺麗とか変とかじゃなくて、なんかいい。それをまたyoshitoさんが指摘してたりして、悔しい。

かなえちゃん=池畑佳苗さん。最年少だけど芸歴はおもちゃと同じくらい。でも常に気を使ってくれる。焦ると面白い動きをする。おもちゃはどうやら佳苗ちゃんの好みの顔らしいのだけど、かなえちゃんだっておもちゃの好みなのだ。皆に可愛がられている。

てっさん=坂口哲さん。怖い。メールの語り口が怖い。佇まいが怖い。ヒットマンみたいな目が怖い。でも、勇気を持って話しかけてみると、実は会話上手で気遣い上手だったりして、いい笑顔してたりして、また話しかけてみたくなる。麻薬のような人だ。やっぱり怖い。

そんなこんなで、明後日はいよいよ台本が上がってきます。そのはずです。

【2005/04/15 11:00】 | 稽古日記(舞台)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック