FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
一人で下北沢に行ったとき、時間が空くとほぼ必ず立ち寄るカフェがあります。

cafe use


カフェというよりは「珈琲店」。ただひたすらにコーヒーの美味しさを追求している
無骨で、ちょっとだけお茶目なお店です。

初めてcafe useに行ったのは偶然でした。道に迷ってたどり着いたんです。
下北沢というのは、方向音痴の私にとって有り難くなくも楽しい街で、
あてずっぽうに進むと必ず迷う。迷うけれども絶対に何かしら楽しいお店に出会う。
cafe useにも、そんなふうにして出会いました。

昔ながらのお米屋さんを思わせる、古びた木造りの入り口。
入ってみると、同じく古木の梁が頭上を渡り、壁は天井までの飾り棚、
その棚いっぱいに東西の懐かしいおもちゃが飾られています。
テーブルも椅子もカウンターも、マホガニー色の無骨な古木造り。
決して明るくはない店内にはランタンやブリキの看板などが飾ってあって、
なんとなく昔の洋行船の雰囲気です。
もう、店の雰囲気だけでノックアウトでした。

もちろんコーヒーも美味しいんです。
「珈琲店」のご多分にもれず、ここで一番美味しいのはブレンドです。
「こういうコーヒーを飲ませたいんだ」というマスターの主張がびしばしで、
「おおー、美味しいコーヒーというのはこういうことか」と納得してしまいます。
私が好きなのはuseブレンド。苦味があって甘味があって深い香り。
苦いといっても、スターバックスのように深炒りの苦味ではなくて、
豆本来の苦味です。
ゆっくり味わいたいんだけど、香りが飛んでしまうのがもったいなくて
ついつい急いで飲んでしまいます。

ケーキもまた美味しいです。
おすすめはチーズケーキ。コーヒーと実に合う、これでちょっと舌を
甘くしてからuseブレンドを含むともう最高です!
プリンもなかなかおいしいのだけど、焼きプリン好きの私にはちょっと
やわらかすぎかな。まあ好みの問題ですよね。

お店の中には「携帯電話禁止」「禁煙」をはじめとして、注意書きが
いっぱい。これを小うるさく思う向きもあるでしょうが、この注意書き
びっしりのおかげで、変なお客は本当にいません。いつ行っても
ゆったりくつろげます。注意書きの多さに反して、マスターと奥様(?)が
とっても物腰柔らかなのも落ち着ける理由かもしれません。
おしゃべりしに立ち寄るより、ひとりでぼーっとしに行く場所です。

もちろん、帰りには、今度は迷わずここを目指せるよう、ショップカードを
いただきましたとも。

cafe use、おすすめです。
コーヒー好きの方、ヴィンテージおもちゃ好きの方、内装マニアの方、
ひとりでゆったりとくつろぎたい方はぜひ。

cafe use

【2009/09/26 14:17】 | おすすめ/カフェとごはん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック