自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
とある私立高校に新任教師として赴任してきた圭吾は、かつて都立高校の
期待のエースとして甲子園のマウンドに立ち、一回戦でボロボロに打たれ
失意のうちに野球を辞めていた。
ところが、赴任先の高校には年の離れた従弟妹、開と七美が入学していて、
「圭ちゃん、野球部作ろうよ。顧問になってよ」と圭吾に迫ってきた。

悩んだ末、顧問を引き受ける圭吾だが、部員は問題児揃い。
キャッチャーの開は元虚弱児で性格極悪。
外野手久保田は野球経験ゼロでやる気もない、何故居るのか分からない。
七美はエースで4番で鳴らした好選手だが、女の子だ。
そして、ピッチャーの橘はマウンド恐怖症・・・。

しかし、どんなチームだろうと、「夏」はやってくるのだ。

アマゾン商品ページ(文庫版)

* * * * * * * * * * * * * * * * 

那州雪絵作品の中でも特に好きな一冊。
コミックスでは完結編が別のタイトルに収録されていて面倒だったの
ですが、文庫版では一冊にまとまっていて読みやすいです。

野球部新設校、元高校球児の顧問、彼を慕う従弟で幼馴染のキャプテン、
スポ根漫画にもってこいの設定ですが、決してその路線に行きません。
野球はやっている。全編通して野球のシーンはかなりあるんだけれども、
野球だけじゃなくって生活もしているし、野球と関わろうが関わるまいが
人生も続いていく。そういうことを丁寧に描いた群像劇です。

私が一番好きなキャラクターは七美。
野球はダントツに上手い。でも、女の子だから公式戦には出られない。
少女漫画の通低音の一つ、「男の子になりたい」の象徴のような存在です。
が、それだけではありません。
彼女は「女を捨てて野球に打ち込む」道を取りません。
「女を最大限に生かしてチームを支える」道を自ら選びます。
「男の子になりたい」という「少女未満」でありながら、同時に「男を
生かす」側、つまり「成熟した女」でもある。すごいキャラクターです。
しかし彼女はその成熟度ゆえに破綻します。
彼女の美貌に惹かれて他の運動部から引き抜かれてきた男の子たちが
「やっぱり元の部に戻る。野球部にいたからって君と付き合えるわけ
でもないみたいだし」と言い出した時の七美の表情。
「よその男子部員を誘惑しないでよ」と女子生徒に詰め寄られたときの
七美の表情。
そして、クライマックスの試合、バックネット裏から叫ぶ七美の表情。
すべてがあまりに鮮烈で、悲痛で、何回読んでも泣いてしまうのです。

七美に限らず、ほぼすべての登場人物がちゃんと人生を背負っていて、
それが小さなコマや何気ない台詞にも表れています。
たとえば、野球部が出来てから、三年生が二人入部してきます。
入った高校に野球部がないから諦めていた。でも、やっぱり野球が好き
だ。三年生だから夏までしか活動できないけど、それでもやりたい。
そう言って入ってきた二人が、活気の出てきた部の様子を眺めて呟く
言葉のしみじみとした重み。是非本編を読んで味わって頂きたいです。

と書いてきましたが、シリアス一辺倒ではなくコメディ要素もふんだん
です。のちにエースとなる橘も、父親との軋轢を抱えているのですが、
彼のエピソードは完全にコメディ仕立て。割と重いテーマのはずが、
笑いながらさらりと読めます。シリアスと笑いのバランスが絶妙です。

物語はチームが夏の大会を意外にも勝ち進み始めたあたりから急激に
加速し、ある試合でクライマックスを迎えるわけですが、私が好きな
のはすべて終わったあと、ラスト2ページくらいの結末。
人生は続いていく。楽観でも悲観でもなく、ただ事実として人生は続く。
そのことを淡々と、しかし温かみを持って描いてあります。
この2ページがこの作品を他の野球漫画と決定的に違うものにしている
と言っても過言ではありません。

少女漫画誌に掲載されている関係上、野球の試合部分の掘り下げは少し
甘いです。難点はそのくらいかな。あとは絵柄が嫌いでなければ。まずは
漫画喫茶などで手にとってみてください。
高校生と、高校生だった人たちに読んで欲しい漫画です。

アマゾン商品ページ(文庫版)

【2009/10/19 10:32】 | おすすめ/漫画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック