自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超簡単、原価めちゃ安、日持ちする、健康的、ごはんにもお酒にも合う、
絶 対 に 失 敗 し な い !、
をモットーにご紹介する、手抜きレシピシリーズ第三弾です。

今回は、

食べたら翌日お肌つるつるモッチモチ、
流行りの「コラーゲン玉」なんか目じゃない
究極の肌復活料理(しかも一食200円!!)


これすごいです。食べた次の朝、鏡を見ると、肌が内側からぷりっと
盛り上がってる感じ。お化粧のノリもいいです。

但し、この料理を作る&食べるには、三つの条件があります。

1.圧力鍋を持っている。
2.モツ系料理が嫌いじゃない。
3.豚の軟骨が手に入る。

1.は、持ってないと時間とガス代が半端ないです・・・。

2.は好みの問題ですが、いわゆるホルモンほどは臭みはないです。
モツはどうしてもダメ!という方でなければ美味しく食べられると思います。

3が難しいよ~という方が多いかと思いますが、肉屋さん・モツ屋さん以外
にも、業務用スーパーなんかで売ってます。
相場はなんと、100gあたり50~80円、激安です!ここ大事(笑)

というわけで条件クリアの皆様にレシピをご紹介です。

* * * * * * * * * * * * * * * 


「もち肌復活!豚軟骨煮込み」(1人前)
<材料>
・豚軟骨 100g
・長ネギ 1/2本
・キャベツ 食べたいぶんだけ
・その他 食べたい野菜があれば好きなだけ
・しょうが 一かけ
<調味料>
・酒 おたま二杯くらい
・味噌 おたま半分くらい
・コチュジャン ティースプーン一杯
 (なければ鷹の爪や豆板醤などでも可)

1.豚軟骨と薄切りにしたしょうがを圧力鍋に入れ、軟骨の1cm上くらいまで
 水を入れる。ふたをせずに中火にかける。

2.沸騰したら酒を入れ、あくをとる。

3.一旦火を止めてふたをして中火にかける。
 圧力がかかった状態になってから15分煮る。

4.圧力がかかっていない状態になったら、鍋を開け、軟骨をひとつ食べてみる。
 ぷりっとやわらかく煮えていたらOK。水気を捨てる。
 (水気といっても、ほとんど余分な脂です。どうしても勿体ないと
 思う場合は、漉してスープなどに再利用してもいいでしょう。)
 煮えていない場合はもうちょっと圧力鍋で煮ます。

5.長ネギ、キャベツ、その他の野菜を軟骨の上にかぶせ、普通の鍋のふたを
 して
3分ほど中火にかける。
 (野菜の水分で蒸し煮するイメージです。)

6.一旦火を止め、味噌とコチュジャンを溶き入れ、かき混ぜながら全体にとろっと
 するまで中火にかける。

7.できあがり。好みで七味、長ネギのみじん切りなどを乗せてどうぞ。

* * * * * * * * * * * * * * * 


徹底的に煮込んだ軟骨は、やわらかめのタピオカみたいな食感でなかなか
食べやすいです。翌日の朝を楽しみに、お試しあれ。

【2009/10/22 08:55】 | 簡単料理レシピ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。