自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母校の中学校で教師をしている神野のもとに、元同級生の島崎と
名乗る男が現れた。島崎は、やはり神野の同級生である木村を
探しているらしい。ところが、その木村は、神野としょっちゅう会って
いる間柄ではあるものの、昨日から姿を消しており・・・!?

甘く見てると騙される。巧妙に張り巡らされた伏線がラストで一気に
真相を紡ぎあげる、ノンストップトラップコメディー!

公式サイト

* * * * * * * * * * * * * * * * *

これ、ほんと、あらすじをまとめるのも難しければ、ネタばれしないで
おすすめするのも難しいです。あらゆる画面に映るものとすべての
音声が伏線である、と言っても過言ではありません。

「運命じゃない人」の監督が、売れっ子ばかりをキャスティングして
撮った第二作目、一抹の不安がありましたが、確実にそして格段に
一作目よりエンターテイメント性を増し、複雑になり、つまるところ
めっちゃくちゃ面白いです。

一度観てすべてを知ったあとでもう一度観るとさらに面白い。その上で
主演の大泉洋と監督の内田けんじのオーディオコメンタリーをオンに
して観るともっと面白い。最低3回は楽しめる大変お得な映画です。

ネタばれせずに紹介できるとしたら、オーディオコメンタリーくらい
でしょうか。あの口の達者な大泉洋に負けない強気さと強引さで
自分の作品の良さをしゃべりまくる監督がすごく面白いです。また
大泉洋も負けじと自分の演技の素晴らしさをしゃべりまくるんですよ(笑)
もちろん撮影秘話も豊富に語られていて、「このシーンのこの台詞は、
観客にはAと思わせないといけないけど、実はBという意味とCという
意味が含まれているから、その微妙なニュアンスを表現してもらうのに
苦労した」なんていうエピソードを聞くと、またさらに映画が面白く
見えてきます。で、4回目を観てしまう。

最近、各レンタル店でやっと旧作扱いになりました。
是非、一週間レンタルして、心行くまで巻き戻したり一時停止したり
しながらじっくり観てください。
あ、もちろん最初は普通に観てくださいね(笑)

公式サイト

【2009/11/23 08:42】 | おすすめ/映画
トラックバック(0) |

No title
かっしー
ハマりすぎて原作も映画見た後に読みました(笑)
そしたら映画では分からなかった部分があって、へ~って納得しました。その描写は映画にあったのかなー。
うぅ。。言いたいけど(笑)


Re: No title
おもちゃ
かっしーさん>
よし、そのへん今度心行くまで語り合いましょう!
私も原作読んでみます^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
ハマりすぎて原作も映画見た後に読みました(笑)
そしたら映画では分からなかった部分があって、へ~って納得しました。その描写は映画にあったのかなー。
うぅ。。言いたいけど(笑)
2009/11/23(Mon) 13:45 | URL  | かっしー #WpG08Q2.[ 編集]
Re: No title
かっしーさん>
よし、そのへん今度心行くまで語り合いましょう!
私も原作読んでみます^^
2009/11/23(Mon) 20:58 | URL  | おもちゃ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。