FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
ストリッパーのミミイ・ローイこと漣子は、大富豪の息子と恋に
落ち結婚した。しかし当然のごとく彼の家族には反対され、
窮屈な結婚生活を強いられる。そんな矢先、義父が何者
かに殺害された。漣子は夫への疑念と愛情を胸に抱えて
真相を追い求める。

真犯人は誰なのか?

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * *

「とにかく予備知識なしで読んで。凄いから」

そう知人に勧められて読んだ作品。そして私も同じことを言う
ことになりました。

とにかく予備知識なしで読んでください。凄いです。1963年、
40年以上前に書かれ、一度は絶版になっていながら、今年に
なって復刊しただけのことはあります。

読み終わって題名とファーストシーンを改めて読むと、非常に
感慨深いものがあります。そこにはトリックだけではなく、漣子
という主人公の、ひいては小泉喜美子という女性の抱える、
矛盾に満ちた大きな愛情が読み取れます。

但し、種明かしのページでの演出があまりに淡々としているので、
飛ばし読みしているとトリックに気づかないなんてこともある
かも。通勤電車などでなく、家でゆっくり読むのがいいと思います。

定価でもおすすめですが、案外図書館などにもあるようです。

乃南アサ、絲山秋子あたりが好きな方に。

Amazon商品ページ

【2009/12/26 08:54】 | おすすめ/本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック