自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国武将からミシュランまで、自在に話題が飛び回るエッセイ集。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * *

一年ぶりの新刊。
やはりおそろしく文章がうまく、話題の幅が広く、知識が豊富。
私なんかは不勉強なものですから、辞書やネットで調べ調べ
読み進めて、エッセイ集を読んでいるのに宿題をしている気分。
といって嫌な感じではなく、知的好奇心が刺激されることこの上
ないのです。

丸谷才一おすすめの本の著者・書名もたくさん載っているため、
この一冊から読書の幅を広げることもできます。

私が好きなのはお寿司屋さんが嫌な客にあたったときの対処の
話。「嫌な客には勘定を高くつけます」という寿司屋Xの話から、
そういうやり方に反対する寿司屋Yの話へ。さて、寿司屋Yの
対処法はいかに。これが泣けるんです。

Amazon商品ページ


【2010/01/04 08:27】 | おすすめ/本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。