自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まっているのはセットだけ。役柄も台詞も、すべては
スタートがかかってからの役者の発想と力量次第。
「カット!」の声がかかるまで待ったなしの演技バトルが
繰り広げられる!

笑福亭鶴瓶がゲストと繰り広げる即興演劇バラエティが、
スタジオを飛び出して東京の劇場で一回限りのライブ
バージョンに。

ゲストはイッセー尾形、生瀬勝久、広末涼子。

「スジナシ」公式サイト

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * *

ゲストごとに1枚、計3枚のDVDボックスになってまして、
レンタルでは1枚ずつ借りられます。

生瀬勝久さんのテンションも凄い。
広末涼子さんの「物語を自分のほうに引っ張ってくる力」、
天性の吸引力も凄い。

でもダントツでおすすめしたいのがイッセー尾形さんの
回です。これがレンタルの数百円で観られるなんて贅沢の
きわみです。

この番組では、様々な衣装が楽屋に用意されて、出演者が
その中から自分で衣装を選ぶのですが、まずその時点で
イッセー尾形さんはチョイスがおかしい(良い意味で)。
自前の衣装もあったような・・・にしても、なぜそれを自前で
持ってるんだっていうような・・・。

即興本編、登場からしておかしい(良い意味で)。そして
即興とは思えない珍台詞頻発。鶴瓶さんは芝居をするよりも
笑いをこらえるのに必死です。いや、そうなると思う。
でも決してコントではなく、ちゃんと演劇なんですよね。
※コントが演劇よりレベルが低いと言いたいわけでは
ありませんよ。番組の趣旨がコントではなく即興演劇で、
それにちゃんと沿っているという意味です。

で、何よりみどころなのが本編後のトークです。これも
番組恒例のもので、撮影した即興を見ながら鶴瓶さんと
ゲストがトークを繰り広げるんですが、この部分は普段
ほんとにトークバラエティに終始しがちです。もちろん
そういう番組なのでそれでいいんですが。が、イッセー
尾形さんと鶴瓶さんのトークは・・・深い!名言連発!
特に衝撃を受けたのが、イッセー尾形さんの発言、

「時々、(本番中でも)自分の演技に飽きるんですよ」

で、この発言を受けてVTRを観ると、確かに飽きてる!
で、飽きたときにイッセー尾形さんが何をしてるかと
言うと・・・そこまでは書きません。是非ご覧ください。

演劇好き、お笑い好きはもちろん、「イッセー尾形って
聞いたことあるけどどんな人?」とお思いの方に、
イッセー尾形入門DVDとしても。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/03/04 08:43】 | おすすめ/映画
トラックバック(0) |

つい
かっしー
スカパーでやってるんだけどいつも見逃してしまうんすよね。。
鶴瓶好きなんで、今度見てみようっと。

かっしーさんへ
おもちゃ
TV放映中のも面白いんですが、やはり劇場版は特別です。
併せてぜひ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
つい
スカパーでやってるんだけどいつも見逃してしまうんすよね。。
鶴瓶好きなんで、今度見てみようっと。
2010/03/04(Thu) 11:45 | URL  | かっしー #-[ 編集]
かっしーさんへ
TV放映中のも面白いんですが、やはり劇場版は特別です。
併せてぜひ。
2010/03/04(Thu) 14:33 | URL  | おもちゃ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。