FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
城所安男は破産し、妻と子に去られ、かつての馴染みの
ホステスの元でヒモ同然に暮らしている。ある日、母が
心臓を悪くして入院、100マイル先離れた病院へ行かな
ければ助からないと知る。安男は自分で車を運転して、
母を病院まで送り届けることを決意する。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * *

心の温かくなる映画。人の善意を心から信じている物語は
見ていて気持ちがいいです。

お涙頂戴になりがちなピュアなストーリーを、俳優陣の
演技力と真摯さが救っています。メインの俳優は言うまでも
なく、途中立ち寄る食堂の客まで人間味に溢れています。

ホステス役の大竹しのぶ、母親役の八千草薫がやたら可愛い
ので、この二人のファンは是非観るべきです。二人が甲乙
つけられないほどに良すぎて、物語が二人に分散して散漫に
感じられてしまうほどです。

粗はあります。ありますが、それ以上に温かいのです。
疲れたときに観てください。
原作ファンにも原作は未読の方にもおすすめです。むしろ、
原作はちょっとくさいと感じた方にこそおすすめです。
生身の人間の力が生きている映画です。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/04/02 08:43】 | おすすめ/映画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック