FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
バレエダンサーの貴和子は、バレエを愛するがゆえに
ダンサーとしての道を諦めようとしていた。

「たまにスキで
 よくキライになって
 ときどき大キライ

 でも本当は死ぬほどスキ

 でも

 バレエはわたしを
 愛してくれなかった」

シニヨンを結うために伸ばしていた髪も短く切って、
家族や同僚の反対を受けながらも新しい道を歩もうと
する貴和子が出会ったのは、マンションの隣に住む
ふたまわりも年上の大学教授だった。

恋愛を避けてひとつのことに打ち込んできた不器用
な大人同士が出会い、不器用に知り合い、不器用に
恋をする。大人コドモなラブ・ストーリー。一巻完結。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * *

巻末に、「リアルでうんと年下の女と付き合う男は未熟で
幼稚」的なことがさらりと書いてあって苦笑しつつ同意し
ましたが。それを踏まえた上での大人のファンタジー。

ヤマシタトモコ、日本橋ヨヲコ、ひぐちアサ、羽海野チカ、
いずれも私の大好きな漫画家さんですが、共通するのは、
『好きなことに取り付かれ打ち込む余りにちょっと歪んで
不器用な人間のさが』を痛々しいまでに描ききるところ。
これはきっと作家自身が漫画に対してそういう人物だから
ではないかと思うのですがいかがでしょう。

本作品の主人公・貴和子も、才能がないわけではないん
です。才能もあり、努力もしていて、だからこそ自分の
愛するバレエに手の届かないことに気づいてのっぴき
ならなくなってしまう。でも、生活の上でも精神的にも
すっぱりとバレエを離れて生きることができるわけでは
なく、バレエ講師を職業として暮らし、嬉しいことがあると
つい踊ってしまう。
あらゆる意味で、バレエのそばで生きざるを得ない。

一方で貴和子と恋をする大学教授・縫原も、大人の余裕が
あるようでいて年上ゆえの余裕のなさもあり、「君の周り
の男たちに比べて僕は見劣りがするだろう、例えば裸に
なることを考えるとどうにも劣等感にさいなまれる」という
ような言葉を貴和子自身にぶつけてしまったりします。

「バレエだけにかまけて人と関わることを避けてきた罰だ」
と、バレエダンサーを辞めて直面する様々なことに対して
貴和子はひとりごちますが、それはそのまま縫原にも
あてはまるわけで、つまりディスコミュニケーションの中で
生きてきた二人の人間が初めて正面からコミュニケーション
を取り合おうとする物語なわけです。といって、全てを捨て
恋に走るわけではなく、貴和子にはバレエが、縫原には
学問がどうしてもつきまとう。この辺りのバランスがとても
よいです。

ラストシーン、二人の心が通じ合う、ベランダでの会話の
シーンは出色です。バレエに、学問に、縛られてきた二人が、
それらを片方の手に抱えたままそっともう片方の手を取り
合う姿が美しいです。特に貴和子の行動と来たら!

本編終わってすぐ次のページの仕掛けも素敵。

何かに打ち込んでいる人におすすめです。
定価でも買い。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/04/11 08:52】 | おすすめ/漫画
トラックバック(0) |

日本橋ヨヲコ!
かっしー
今少女ファイトって言う、バレー漫画書いてますがこれがおすすめです!バレーの基本的なこともたまに描いててくれて、ためにもなります。
ただ、隔週雑誌の月1連載なのに休載が多いのが難点ですが。。(苦笑)

まさに「少女ファイト」の主人公も

『好きなことに取り付かれ打ち込む余りにちょっと歪んで不器用な人間』

ですよね。


他のも読んでみようかなとも思ってます。


かっしーさんへ
おもちゃ
「少女ファイト」読んでますよ~!音楽友達に薦められて、というか貸してもらって読み始めました。練の痛さが好きです。

複数の、お互いつながりのない友人や知り合いの方から同じものを薦められることって結構あって、これも類友ってことなのかな~?と思います(笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日本橋ヨヲコ!
今少女ファイトって言う、バレー漫画書いてますがこれがおすすめです!バレーの基本的なこともたまに描いててくれて、ためにもなります。
ただ、隔週雑誌の月1連載なのに休載が多いのが難点ですが。。(苦笑)

まさに「少女ファイト」の主人公も

『好きなことに取り付かれ打ち込む余りにちょっと歪んで不器用な人間』

ですよね。


他のも読んでみようかなとも思ってます。
2010/04/11(Sun) 11:26 | URL  | かっしー #-[ 編集]
かっしーさんへ
「少女ファイト」読んでますよ~!音楽友達に薦められて、というか貸してもらって読み始めました。練の痛さが好きです。

複数の、お互いつながりのない友人や知り合いの方から同じものを薦められることって結構あって、これも類友ってことなのかな~?と思います(笑)
2010/04/12(Mon) 09:45 | URL  | おもちゃ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック