FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
男子高校生の安芸(あき)は、ひょんなことから
祖父が理事長を務める女子寮に下宿することに。
ところが、そこに住む女子高生たちは、安芸の
女性に対する夢をことごとく打ち砕くツワモノ揃い
で…!?

どたばたラブコメ?いいえ、大変シビアでシリアス
なラブコメです。全三巻。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * *

読後感最悪です。
構成も微妙というか、話の展開が迷走してます。
絵は上手いですが、粗いです。もっと丁寧に描ける
作家なのに、雑。

それでもこの作品をおすすめするのは、この漫画が

「トラウマなんて抱えちゃったら、簡単には癒えない
 よ。ていうか多分一生治んないよ」

という主張を真っ向から直球勝負で突きつけてくる
からです。

主要登場人物の少年少女は、一番病んだ子すら、
寮生活で確かに得るものがあり、成長します。でも
それと過去の傷とは別。そして、健康な側の少年少女
はそのことに決して気づかない。理解できない。
でも彼らは一緒に生きていく。友人として、恋人として、
お互いを気遣いながら、気遣うがゆえ、或いは気遣い
きれないがゆえに傷つけあいながら。

それは、すっきりとしたハッピーエンドよりもずっと
リアルで美しいことだと思うのです。

よしながふみファンならおすすめです。
あと、「奇跡の海」ってハッピーエンドだよね、という方にも。
あ、でも読むと高確率で鬱々としますから、コンディション
良いときにどうぞ。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ



【2010/04/14 08:47】 | おすすめ/漫画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック