FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
先日の舞台「複雑な愛の記録」、一度だけ呼ばれる私の役名は「水島時子」。

ところで、「おもちゃ」の由来のひとつは、敬愛する溝口健二監督の映画「祇園の姉妹」で、山田五十鈴演ずる芸妓の源氏名が「おもちゃ」だから、なのですが。この「祇園の姉妹」に捧ぐ、というかたちで撮られた深作欣二監督の映画「おもちゃ」があります。ヒロインは物語後半で舞妓となり、「おもちゃ」という名をもらうのですが、「おもちゃ」になるまでの、つまり本名が「時子」。

わざと!?と思って作家T氏にメールしたところ、まったくの偶然だそうです。面白いもんです。

【2005/07/27 23:11】 | 稽古日記(舞台)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック