FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
下町の小さなフレンチレストランを舞台に、訪れる
客たちの小さなミステリを腕利きシェフが解決!

近藤史恵の人気連作短編集を人気声優が朗読。
フランス料理にまつわるトークショーとの二部構成
で、月1ペースで開催中です。

第3回チケットサイト

* * * * * * * * * * * * * *

以前このブログでご紹介した「タルト・タタンの夢」の
朗読劇を観に行って来ました。

原作を少し脚本ふうに脚色して、ラジオドラマのような
感じで演じるのかな?と思っていたんですが、ではなく。
原作をそのまま朗読するという形式でした。一人称で
書かれているため、地の文はすべて主人公役の声優
さんが読み、台詞部分はラジオドラマ形式。えーと、
主人公役、すごく大変そうでした。

原作が良いので、お話が楽しめるのはもちろんですが、
私のおすすめポイントは、舞台となるフレンチレストラン
のシェフを演じる銀河万丈さんです。この方の声が生で
聴けるというだけで、行く価値あり!

ほかの声優さんももちろん訓練された素晴らしい声と
多彩な演技力で楽しませてくださるんですが、銀河万丈
さんの声は別格でした。人間の声というより、ライオン?
大型肉食獣の咆哮に近いすさまじい響きのある声質で、
一言発するだけ、いえ、息を吐くだけで場の空気が変わる
んです!

銀河万丈さんとは(Wikiに飛びます

舞台は二部構成になっていまして、約50分の朗読劇、
15分の休憩ののち、同じく50分くらいのトークショーが
あります。葉山にある小さなビストロの女性シェフが
ゲストとして登場し、作品にちなんだ料理を解説つきで
声優さんたちに提供します。美味しそうでおなか減ります。
いやそれはさておき、このフリートークでも銀河万丈さん
の言葉の響きがすごくてですね。例えば、

「前回はうっかりワインをぽたぽたっとこぼしてしまって」

の「ぽたぽたっと」が、よく稽古された古典演劇の台詞
みたいに実感を持って耳に響くんです。もうね、すべての
発言が台詞みたい。いい意味で。言葉ってこんなに力が
あるんだ~、と、ただただ感嘆しました。

声優さんに全く詳しくない私ですが、銀河万丈さん以外の
声優さんも皆さんとても華があって盛り上げ上手で、
トークショーも楽しめました。フランス料理の簡単なレシピ
など、お役立ち情報がちょこちょこ得られるのもいい感じ
です。

声優ファンの方も、演劇ファンの方も、原作ファンの方も、
食いしん坊のあなたも、一見の価値ありです。

東京ドームシティの中の劇場なので、朗読劇でかきたて
られた食欲を満たすお店もいっぱいあります。かくいう私も
すっかり劇とトークショーに影響されて、赤ワインと肉!な
メニューをたらふく食べて帰りました(笑)


第3回チケットサイト

ツイートボタンブログパーツ

【2010/04/17 08:49】 | おすすめ/舞台
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック