自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ年をとると時間がたつのが早く感じるのか。
死ぬ間際に走馬灯が巡るというのは本当か。またなぜか。
既視感(デジャヴ)が起こるのはなぜか。
サヴァン症候群患者の記憶とはどんなものか。

時間と記憶にまつわる謎を語る比類なき一冊。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * *

まず、本書を読んでも、題名にある問いの答えは分かり
ません。本書冒頭にも書いてあるとおり、記憶の研究は
まだ途上のものであり、本書にもいくつかの仮説は示さ
れていますが、結論は出ません。

それでも、記憶という、触ることも見ることもできない
ものについて語られた著作としては、他に類を見ない
分かりやすく興味深い一冊だと思います。

初めて記憶について研究がされた時代にさかのぼって
の研究史も興味深いですし、またその中で行われた
実験の事例も、自分で試してみたくなるような面白さ
です。

研究史以外の事例も豊富です。既視感や「楽しい
ときは時間が早く経つ」といった誰でも経験のある
事柄から、驚異的な記憶力を誇るサヴァン症候群
患者の記憶やてんかん患者の記憶に至るまで、
時代を問わずたくさんのエピソードが語られます。

なんていうか、ごった煮感がいいんですね。難しい
ことも平易なことも、身近なこともそうでないことも、
とにかく記憶に関する話を詰め込みました!という
感じ。アルツハイマー患者の書いた手紙の文面に
思わずほろりとしたり、ある自伝に綴られる一方的な
恋の話ににやりとしたり、一冊の中での話の振れ幅
が実に大きいです。

単行本なのでちょっと高いですが、「記憶と時間」と
聞いて心惹かれる人なら定価でも買いだと思います。
「なんか最近一年が早いな~なんでかな~」と思う
方は、そうですね、半額くらいになってたら読む価値
ありかな。
でも読んでる間、時間はさらに早く過ぎちゃいます
けどね。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/05/11 08:42】 | おすすめ/本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。