自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
柚香の片思いの相手・渉は高2にして一児の父。
渉の妻・沙和子は、渉と柚香の中学の同級生で、
息子の和(なごむ)を産んですぐに死んでしまった。
親友の忘れ形見も含めて渉のことが好きな柚香
だけど、渉は今も沙和子を想っている上、自分の
恋愛感情より息子の幸せ第一で「バツイチヤン
ママと再婚したい」なんて口走る日々。柚香の
幸せはどっちだ!?(「一陽来福」)

霊感少年の石綿が好きになったのは、エセ霊感
少女・みずほの守護霊だった!?世界征服を
たくらむエセ超能力少年・苑田が事態をかき回し、
石綿の幸せはおかしな方向へ…(「1+1=0」)

Amazon商品ページ


* * * * * * * * * * * * *

脱力、のち、ぶわっと泣けるラブコメ2本を収録の
お得な一冊です。

どっちの話も状況はハーレクインものかってほど
ヘビー。でも、作者ののほほんとした絵柄と作風
で、ドタバタコメディーに仕上がっています。

と思って油断してると泣かされるんですよ。

「一陽来福」の柚香は渉と仲良くなるほど、和を
可愛がるほどに、亡くなった沙和子の存在が大きく
なる。自分にとっても大事な親友だっただけに余計
つらい。
「1+1=0」の石綿に至っては、好きになった子は
もう死んでたっていうどうしようもない状況なわけで。

登場人物たちが決して悲劇に酔わないので、つい
状況を忘れてただのドタバタコメディーとして読んで
しまうんですが、ふとした瞬間に顔を覗かせるこの
事情が結構胸に突き刺さります。

ちなみに「一陽来福」の和が少女漫画にありがちな
物語の小道具としてのご都合主義的な幼児じゃない
ところも私の好みだったりします。

少女漫画ですが、大人におすすめしたい作品です。
お子さんのいる方に読んでもらって、感想を聞きたい
かも。
文庫としてはちょっと高めですが、内容も濃いので
定価でもおすすめです。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ


【2010/05/23 08:48】 | おすすめ/漫画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック