自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
ものごころついてからというもの、男に間違われまくり、
血の気も引くような怪我をしまくり、地震を予言しまくり
無自覚に除霊しまくり、自力で胸を大きくしまくり!

いち漫画家というにはあまりにエピソード満載な人生を
送る著者が描く、少女漫画系エッセイ漫画の古典にして
原点!連載から20年近く経った今読んでも面白い!

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * *

平成4~7年に少女漫画誌に連載されたエッセイ漫画。

『無敵のヴィーナス』『こっぱみじんの恋』など代表作
をいくつも持ち、ストーリー漫画家としての人気を既に
確立していた著者。漫画制作にまつわる日記ふうのエッ
セイ漫画でも十分に読者はついたはずなのですが、これ
でもかというほど持ちネタ•取材ネタ•読者参加型ネタを
大放出!著者のストーリー漫画を読んだことがなくても、
少女漫画自体読んだことがなくても充分楽しめます!

明朗な、という言葉がぴったり来る、すっきり見やすく
明るい絵柄です。オカルト系の話題や「痛い」話、軽い
下ネタなどもあるのですが、絵柄のおかげでからりと
読めます。

特におすすめなのが「痛い」話。性格なのか運なのか、
普通の人がしないような怪我をいくつもしている作者、
ひとつのネタで一本エッセイなりホラーなり描けそうな
レベルの「痛い」話ネタをテンポよくポンポンと投げて
きます。ストーリー漫画家だからコマ割りも上手いんで
ですね。ページをめくった一コマ目で「ひじに小石が
めりこんで」いたり、「防火扉と床の隙間に指をはさん
で指の上側の肉をこそげた」話では、迫り来る防火扉と
危険を叫ぶ友人を横長の変形ゴマで臨場感たっぷりに
描いたり。またそういう絵だけはリアルタッチなんです。
普段の絵柄が可愛いだけに、もう、読んでるこっちが
痛くて痛くて!!

ほかにも、地震を予知した話や不思議な夢で友人を助け
た話などオカルト系のネタ、旅行記、読者も巻き込んで
の「巨乳になるにはどうしたらいいか?」シリーズなど、
多方面にまたがった構成で、大変楽しめます。

残念ながら絶版のようですが、古本屋さんで見つけたら
絶対買いです。漫画読む方なら、普段読むジャンルを
問わずおすすめ!但し「痛い」話はほんっとーに痛いの
で、苦手な方は心してお読みください。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/06/07 08:46】 | おすすめ/漫画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック