FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
高校野球界のスーパースターが全身にガソリンをかけられ
焼死した!

警察出身、現在探偵事務所に所属するマサは、飼い主の
加代子と落ちこぼれ少年・進也とともに事件の真相究明に
乗り出す。

ん?飼い主?そう、マサは警察は警察でも警察「犬」。
犬の視点から描く爽快アクション・ミステリーです!
宮部みゆきの長編デビュー作。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * * *

1ブロガーが紹介するまでもなく、本好きでなくても名前を
知ってるくらいの有名作家ですが、「模倣犯」のような正統
派サスペンスや「ぼんくら」のような時代もののイメージが
最近は強いようなので、敢えて長編デビュー作をご紹介。

犬が主人公、しかも主人公の語りで物語が進む一人称の
小説なわけですが、この主人公の「犬」具合が絶妙。余り
人間ぽくても興ざめですが、現実の犬そのままではお話が
進まないわけで、その辺りのバランスはさすが宮部みゆき
です。程よく人間社会を理解し、程よく相棒の人間と意志
疎通ができ、程よく犬としての能力も生かして捜査を進め
ます。何より、結構凄惨な事件を題材にしているわけです
が、犬の視点から見ることによって凄惨さが中和されて
娯楽作品として読めるようになってるんですね。上手い!

私が一番好きなのはアクションシーンです。進也少年と
組んで大人相手に大立ち回りを演じるシーンの爽快さ、
ぜひ読んで味わってほしい!!宮部みゆきは一見弱そう
に見える子供、女性、動物などが大きな敵をやっつける
アクションシーンを描くのが本当に上手いし、楽しそうに
書いているように思えます。

「火車」の主人公の男の子が好きな方、
「ブレイブ・ストーリー」のミーナのアクションシーンが
印象に残っている方、
「ステップファーザー・ステップ」のほんわか感が好きな
方、
そしてすべての犬好きにおすすめします。
定価でももちろん「買い」です。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/06/09 07:44】 | おすすめ/本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック