自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は私立探偵。といっても、浮気調査や迷い猫探しなんて
チンケな事件は扱わない。俺の元に舞い込む依頼は、誘拐、
連続惨殺事件に、ボディガードなどのクールな事件。

…のはずなんだけど、何故かいつも対象が犬や猫!
ドーベルマンの誘拐に野良猫の連続殺害、シーズーのボディ
ガードなんて引き受けて、一体俺は何をやってるんだ!?

京都の町を舞台にした、ユーモアのちペーソス、ところにより
サスペンスな連作短編集。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * * *

構造をバラしてしまえば、よくある私立探偵もののターゲットを
動物に変えただけ。でもこれが非常に面白い効果を生んでい
ます。

ひとつめ。全体に漂うドタバタ感。誘拐事件ひとつとっても、誘拐
されたのがドーベルマンなので、探偵が奮闘すればするほど
ずっこけというかおとぼけな空気感になっていきます。あ、人間よ
り動物の命のほうが軽いとか、そういう主張をしているわけじゃ
ないですよ。探偵が「なんでドーベルマンの誘拐なんか…」という
気持ちで捜査をしている、聞き込みをしたりする相手も「動物の
話でしょ?」という態度、人間相手じゃないから警察も出てこない、
というわけで、物語自体が緩いというか悠長なんです。

ふたつめ。上記の通り警察が出てこないので、探偵が自由に
動けます。本来警察がやるようなことまで主人公が手を出して
駆け回ります。主人公が自由に動けるということは、思わぬ方へ
話が転がりやすいわけで、展開が読めなくて面白いです。

みっつめ。物語のアップダウンが大きいです。犯人は当然ながら
人間なわけで、犯行にはそれなりの(というか、我孫子武丸らしく、
それなり以上にシビアな)動機があります。前半のどたばた感の
おかげで、真相が明かされるクライマックスがかなり衝撃的に
感じられます(ディテールも我孫子武丸らしくかなり残酷だったり
うすら寒かったり)。で、エピローグでまたどたばたな日常に戻る
という、この繰り返しがなかなかテンポ感あって良いです。

連作の割にはキャラクターがあまり濃くないというか、結構類型
的なところは残念かなあ。

キャラクターやトリックではなく、犯人が抱える闇という視点の
ミステリーが好きな方におすすめです。定価でもおすすめしたい
ところですが、文章が上手すぎてあっという間に読めてしまうので、
中古で350円なら買い、といったところです。京極夏彦に「タケマル」
扱いの我孫子武丸が犬を扱った短編を書いている、というだけで
受けてしまうミステリーおたくなら定価でも。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/07/08 07:47】 | おすすめ/本
トラックバック(1) |

No title
藍色
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

藍色さんへ
おもちゃ
これも読んでらっしゃるんですね!
読書傾向かなり近いかも?
トラックバックありがとうございました。
こちらもさせていただきます!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2010/08/05(Thu) 13:27 | URL  | 藍色 #-[ 編集]
藍色さんへ
これも読んでらっしゃるんですね!
読書傾向かなり近いかも?
トラックバックありがとうございました。
こちらもさせていただきます!
2010/08/06(Fri) 07:48 | URL  | おもちゃ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
京都で探偵事務所を営む「私」のもとに久々にやってきた仕事の依頼は、なんと誘拐事件の解決。 もっとも誘拐されたのは家で飼われていたドー...
2010/08/05(Thu) 13:24:45 |  粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。