自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見開きの左ページには大きくアルファベット。
右ページにはそのアルファベットで始まる単語。

ありふれた作りのABC絵本…いえいえ、安野光雅
画伯の手にかかれば一味も二味も違います!

いつまでも眺められる、画集のようなABC本。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * *

姉妹編で「あいうえおの本」もあるんですが、断然、
この「ABCの本」のほうがおすすめ!情報量が段違い
です!

まず、左ページに大きく描かれたアルファベット。只の
アルファベットじゃありません、木片で作ったアルファ
ベットのかたちの細工のスケッチです。いや、スケッチ
ではありません。よく見ると、エッシャーの絵のように
捩れてありえないかたちをしています。

右ページに描かれた、アルファベットで始まる単語の
イラストもちょっと変。Aならapple、Bならbear、なんて
オーソドックスなチョイスではない上、イラストそのもの
も画風から何から自由そのもの。

さらに、ページ全体を囲っている飾り枠。この枠もよく
見ると…

という調子で、読むのにものすごく時間がかかって、
且つ楽しい時間が過ごせることが受け合いです。で、
楽しむには基本的な英語単語の知識があったほうが
いい…というわけで、一応「おすすめ/本・児童」に
分類しましたが、これ、大人のほうが楽しめると思い
ます。

もちろん子供が読んで楽しくないということではない
です。精緻で綺麗な絵を眺めているだけでも楽しい
と思います。積み木遊びが好きな子ならさらに楽しい
はず。情報量が多いので、読み聞かせにもおすすめ
です。これ一冊で何通りもの読み聞かせができます。

英語に興味のある方、
だまし絵の好きな方、
何かぼんやり眺める軽いタッチの画集が欲しい方に。
あと、育児にちょっと倦んでいるお友達へのプレゼント
にも良いと思います。子供にかこつけて大人が楽しめる
作品です。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/07/20 07:50】 | おすすめ/本・児童
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。