自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台から新潟にやってきた新人女性アナウンサー。
自分では結構上手くなったと思っていたのに、
ベテラン男性アナウンサーから衝撃のダメ出しが!

「おめさんの原稿読みはなってねえ。
新潟ではなぁ…『い』と『え』が逆なんだて!!」

伊勢アナと近藤アナが実名で繰り広げるミニドラマ、
NHK英会話講座ふうの新潟弁文法講座ほか、あの
大ヒット演歌も新潟弁バージョンで登場!?

新潟ローカル局が渾身の脱力を込めて放った、
異色の抱腹絶倒ドラマCD!

Amazon商品ページ


* * * * * * * * * * * * *

方言を外国語に見立てて語学バラエティを作って
しまおうという発想も素晴らしければ、それを演ずる
アナウンサーの皆さんの技術とアイディアと演技力
も素晴らしい!新潟県民なら爆笑必至、他県の人
でも相当楽しめます!もちろん語学マニア必聴!

やっぱり一番面白いのは、NHKチックに新潟弁の
文法を大真面目に解説する「今すぐ使える新潟弁」
のコーナー。謎の女性「山本さん」が感情豊か且つ
恐ろしくネイティブな新潟弁で例文を読み、男性
アナウンサーが淡々と標準語で解説する…だけでも
面白い上、「あ、こういうコーナーだな」とリスナーが
慣れた頃を狙い澄ましたようにとんでもない変化球を
投げてきます。出演者のアイディアなのか、監督が
天才なのか分かりませんが、とにかく笑える!
「反語」の回、「推量」の回なんか最高です。
文法の解説は結構アカデミックにやっていて、そこが
また面白いです。

ボーナストラックで聴ける名曲「雪○」の新潟弁バー
ジョンがまた。歌っているアナウンサー自身が訳詞を
つけているところがまた。

これね、1500円は安いです、ほんとに。
ぜんっぜん定価でもお買い得だと思います。
新潟出身のお友達へのプレゼントにもおすすめです。


Amazon商品ページ


ツイートボタンブログパーツ

【2010/08/03 08:45】 | その他のおすすめ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。