自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続きです。

昨日のエントリー

総持寺公式サイト

み霊祭りの見どころはなんと言っても盆踊り
です。「盆踊りなんか珍しくないし地味だよ」
って?そんな方にこそ見てほしい!最高に
最悪な坊主総悪ノリ状態の「一休祭り」を!

まず、盆踊りはお寺の駐車場で行われます。
小さめのグラウンドくらいある広い駐車場です。

その真ん中にやぐらが組まれます。
三階建てのなかなか立派なやぐらです。
二階部分はステージになっていて、お坊さんや
浴衣のお姉さんたちが模範の踊りを見せたり
マイクパフォーマンスをしたりします。
三階部分はスピーカーと和太鼓と仕掛けがあり、
スピーカーで音楽を流しながらお坊さんが太鼓
を叩き、しゃぼん玉が舞います。

もうこの時点でいろいろおかしいですね。

やぐらの下からは色とりどりのホリゾントライトが
やくらを照らし出します。また、四方から野球場
のような白色ライトがやぐらとその周辺を明るく
照らし、色つきのサーチライトがぐるぐる回って
雰囲気を盛り上げます。大きなウーハーとメイン
スピーカー、境内のあちこちにもさりげなくスピー
カーが取りつけられて、広い境内のどこにいても
盆踊りの様子を知ることができます。もちろん、
ライトやスピーカーを操作するためのDJブースも
あります。大量のちょうちんも張り巡らされます。

ほら、もう相当おかしいですね。

DJブースやうちわを配る係、救護係など、裏方の
お坊さんたちは、Tシャツにズボンっぽい僧衣、
頭にタオルを巻いています。タオルを巻くと普通の
お兄さんにしか見えませんが、お揃いのTシャツ
に「禅」とでっかくプリントされているので、「あ、
このお寺って禅宗の総本山だっけな」と思い出させ
られます。「禅」の字が真っ赤だったり、背中に
ローマ字で「SOUJIJI」とプリントされていたりして、
浅草で売っていそうな気もしますが、気にしません。
ステージ上で踊るお坊さんたちは浴衣姿です。
中には黒地に流水模様で色つきの帯を締めた
カブキ者もいますが、気にしません。

それでも、スピーカーから流れているのが「鶴見
音頭」や「東京音頭」、ゆるやかなテンポの懐メロ
である間は、そこそこ普通の盆踊りです。ライトも
派手には動きません。お坊さんがステージ上で
「アウトー!」とか「セーフー!」とか言ってますが、
盆踊りの振り付けを分かりやすく説明してるだけ
です。

それが、あるアナウンスで場内の空気が一変
します。

「次は、『一休さん』です」

ウグイス嬢の淡々としたアナウンスにかぶせる
ようにして、ステージ上のお坊さんがハンドマイクで
叫びます。

「行くぜー!!」

うーん、なんか予想以上に長くなりました。
時間がないので、明日に続きます、すみません。
明日で完結です!

【2010/08/05 07:49】 | その他のおすすめ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。