自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の生き物・ドラゴンの図鑑・決定版!
ドラゴンの皮のサンプルもついて、これで
君もドラゴン博士!!

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * *

もし子供を産んだなら、その子が小さいうちに
この本を買っていい感じに古びさせて適度に
本棚の奥に隠しておき、小学校に上がった位
でわざと発見させて、サンタクロースを信じる
ようにドラゴンを信じさせてみたい。
そんな空想をしてしまうほどよくできています。

1896年にたった100冊だけ出版された幻の本の
複製、という設定もわくわくするし、布張りっぽい
表紙にガラス玉がはまった物々しい装丁も素敵。

中を開けば「ドラゴンマスター」からの手紙が
入っています。この「見知らぬ人からの手紙」
って、子供心をがっちりキャッチするんですよね。
しかもそれが100年以上前の、ドラゴン博士から
のもの!(ま、日本語ですけども(笑))

本文では、世界のドラゴンについて、ドラゴンと
仲良くなる方法、ドラゴンの卵を孵す方法など
が、詳細なイラスト(これがまたリアルタッチで
学術書っぽい!)つきで解説されています。
ところどころ「この点についてはまだよく分かって
いない」というような記述があるところがまた
本当らしくていいんですよ。

で、きわめつけが付録の「ドラゴンの皮」と
「魔法の粉」。もうこれできっと子供は「ドラゴン
って本当にいるんだ!」って信じてくれるはず。
それくらいなかなかリアルなつくりです。

結構漢字が多いし、実際は高学年向けだと思う
んですけど、高学年になっちゃうとさすがに
この本がフィクションなのが分かっちゃうと
思うんですよね。できればまるっと信じこんで
くれる年頃で、まるっと信じ込んでくれそうな
演出を施して読ませたいです(笑)

まるっと信じ込んでくれたら面白いなっていう
大人のいたずら心ももちろんあるんですが、
(いや、それがメインなのは認めますが、)
実はこの本、「絶滅の危機に瀕しているドラゴン
を心ある人に救ってもらうために、ドラゴンと
仲良くなり、ドラゴンを助ける方法を広める
目的で出版された」という設定で書かれて
います。これってそのまま、動物愛護や環境
保護の精神につながるんですよね。ゲーム
などでは「ドラゴン=倒すもの」であることが
多いので、そういうものを禁止しろとは言い
ませんが、併せてこういう本を自然に読んで
もらえる環境を整えてあげたいなと思います。

堅い話はさておき、大人が読んでも楽しめる
非常にクオリティの高い「仕掛け本」です。
お子さんだけでなく、ファンタジー好きの
ご友人へのプレゼントにもおすすめです。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ



【2010/10/17 08:40】 | おすすめ/本・児童
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。