自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「なんか、ラーメン食べたいな!」
女(ピクッ)

 緊迫した表情の女とそれに気づかない男。

女・独白「彼がこう言い出すとき…私の心に緊張が走ります」

女・独白「付き合って五年…今更「デートでラーメン?」とか
 言うような仲じゃありません(彼のおうちで二人でカップめん、
 とか普通にある…)」

 (二人の思い出のフラッシュバック)
 初めて一緒にラーメン屋に入った二人。
 明け方に家でカップラーメンを半分ずつ食べる二人。
 美味しいラーメン屋を発見した二人。

女・独白「でも…」

女・独白「彼の言う『ラーメン』ってトンコツ一択!
 (しかもこってり醤油全部乗せ一択!)」

 豚骨ラーメン片手に爽やかに笑う男(イメージ)。

女・独白「私もラーメン嫌いじゃないけど、トンコツばっかり
 食べたくない」
女・独白「トンコツラーメンやさんって、トンコツラーメンしか
 ないし(せいぜいギョーザと、ちっちゃい丼…)」

 豚骨ラーメン屋の店内の様子(イメージ)。男性客ばかり、
黒っぽい内装、肥った眼鏡の男がふーふー言いながら
大盛りを食べている。
 ラーメンしか載っていないメニュー(イメージ)。

女・独白「外食でもなるべく野菜食べたいし…
 (トンコツラーメンって、ネギくらい…メンマって野菜?)」
女・独白「でも却下するとケンカになる…(経験アリ)」
女・独白「そういうとき、私は彼にこう言います」

女「(にっこり笑って)私、行きたいお店があるんだあ」

* * * 

すみません、伊藤理佐「おい!ピータン」ふうに書いてみたら
思いのほか楽しくて長くなってしまいました。
(100%フィクションです。)

そこそこ本格、なかなか安い、ちゃんと美味しい。
「麺飯食堂なかじま」はそんな感じです。
食べログ該当ページ

豚骨ラーメンがあって、味噌ラーメンもあって、広東麺や酸辣
湯麺やあんかけ麺もあって、焼きソバもあって、さらに定食
メニューも豊富。昔の「食堂」みたいなラインナップなのに、
どれもわりと本格派、千円しなくて、かなり美味しいです。
しかもボリュームたっぷり。

私はここの酸辣湯麺と塩バターとんこつが好きです。

酸辣湯麺ってなんでか中華料理屋さんだと千円超えることが
多いのですが、ここなら八百円。渋谷のランチとしては妥当
です。で、野菜がたっぷり!きくらげも惜しみなく載っていて、
きくらげ好きとしては嬉しい限りです。

塩バター豚骨は、豚骨ラーメンとしてはめちゃくちゃ邪道だと
思うんですが、これまた美味しい。バターをちょっとずつ溶かし
ながら食べるのが楽しいんですよ。確か、九百円くらいだった
と思います。

駅から徒歩三分、営業時間はお昼からなんと午前四時まで。
豚骨ラーメン一択の彼氏に悩んだらどうぞ(笑)

* * * 

女「ね、なかなか美味しいでしょ?」
男「う、うん、まあ、わりとな。…お前の食ってるそれ、何?」
女「酸辣湯麺(ハート)ひとくち食べる?」
男「お、おう…(食べて)辛っ!でもウマっ!」

 女、にっこり笑う。

女・独白「今度は彼の希望どおり、トンコツラーメンやさんに
行ってあげてもいいかな♪」

* * * 

女「ね、なかなか美味しいでしょ?」
男「うーん、まあ…でもやっぱ〇〇堂とか××家には及ば
 ないっていうか別物だよなー。まずこのスープが…
 (以下うんちく)」

 女、無言で男をけっとばす。
 あーあという顔の店員たち。

* * * 

どっちのエンディングになるかは、まあ、当人たち次第です
けどもね。しつこいようですが、100%フィクションです。

「麺飯食堂なかじま」
食べログ該当ページ

辛いメニューが多めで、しっかりウマ辛なので、辛いもの
好きにもおすすめですよー。

ツイートボタンブログパーツ

【2010/10/29 07:56】 | おすすめ/カフェとごはん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。