自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUのワークショップオーディションを受けてきました。
舞台部門と映像部門の両方の募集だったのですが、
私は映像部門希望ということで受けてきました。
といっても、舞台部門の役者さんたちと同時に受けた
んですけどね。

ほぼ初対面の役者ばかり、二十名前後。
ほぼ所見の台本(MUの過去台本の抜粋)が数本。
その場でキャスティングされて、その場で立ち稽古の
形式で演じダメ出しを受けるという、とても現場っぽい
ワークショップでした。

面白かったです!

くらいしか、書けることがないな(笑)

MUの舞台は何度か拝見しているのですが、日常に
近い自然な会話でちょっとずつ浮き上がるおかしな
状況が面白いんです。あと、衣装や音楽が映画の
現場みたいにちゃんとしてるんですよ。豪華とかじゃ
なくて、『ちゃんと合ってる』って感じ。大事ですよね。

MUの次回公演は来年3月だそうです。
下記で映像での紹介など観られますので、ご興味が
あったら見てみてくださいね!

CoRich(演劇情報サイト)該当ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/11/01 08:04】 | 稽古日記(舞台)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。